IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「宅建 どれか」の検索結果

質問一覧

  • 宅建の問題です。 Aは、建築業者Bとの間に、Aを注文者、Bを請負人とす...

    Bを請負人とするAの自宅の建築請負契約を締結した。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか? 1. Bは、Aの自宅の建築請負に関し、自ら建築業者Cを請負人として使い、当該建築を完成させ...

    解決済み質問日時:2011年8月14日 08:56回答数:1閲覧数:543

    暮らしと生活ガイド>住宅>注文住宅

  • 宅建業の建築基準法についての問題です。 以下の二つについて貴方なら...

    貴方ならどう解釈し、どう答えを導き出しますか? (下方に解答&解説と、私の悩みを記述してあります。 まずは解説無し状態で問題に触れていただき、解説を目にした際、どのような意見をお持ちになるか----を試してもらえると助かり...

    解決済み質問日時:2018年7月8日 15:47回答数:1閲覧数:23

    職業とキャリア>資格、習い事>資格

  • 宅建に詳しい人教えてください。 例題「宅建業者Aが自ら売主としてB...

    B所有の宅地宅建業者でないCに売却する場合において誤っているものはどれか」の問いで次の選択肢「土地の売買が手付金などの保全措置が必要な売買に該当するときAは、Cから受け取る手付金について当該保全措置を講じておけばCと...

    解決済み質問日時:2014年9月12日 19:55回答数:4閲覧数:38

    職業とキャリア>資格、習い事>資格

  • 宅建の問題で質問です。 留置権に関する次の記述のうち、民法の規定及...

    規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 4 建物の賃借人が建物に関して必要費を支出した場合、賃借人は、建物所有者ではない第三者が所有する敷地を留置することはできない。 4は正解ですが、建物の賃借人が建物に関して必要費...

    解決済み質問日時:2015年8月12日 23:20回答数:1閲覧数:11

    職業とキャリア>資格、習い事>資格

  • 宅建の過去問の質問です、よろしくお願いします。 〔問4〕 AがBに...

    Bに対して有する 100万円の貸金債権の消滅時効に関する次の記述のうち,民法の規定及び判例によれば,正しいものはどれか。 1 Aが弁済期を定めないで貸し付けた場合,Aの債権は,いつまでも時効によって消滅することはない。 2 ...

    解決済み質問日時:2013年7月27日 18:26回答数:1閲覧数:106

    職業とキャリア>資格、習い事>資格

  • 宅建試験問題平成27年の問43の選択肢1についての質問です。 宅地建物...

    宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1.宅地建物取引業者A(甲県知事免許)は、自ら売主となる乙県内に所在する中古住宅の売買の業務に関し、当該売買の契約においてその目...

    解決済み質問日時:2018年7月22日 18:51回答数:3閲覧数:52

    職業とキャリア>資格、習い事>資格

  • 宅建勉強中の者です。問題の意味がまったく理解できません・・・問い...

    ・・・問いは、AがBに対する債権担保のためA所有建物に抵当権を設定し登記もした・・・民法によると正しいものは」どれか。。。 【問1、抵当権の消滅時効の期間は20年であるから、AのBに対する債務の弁済期から10年が経過し、その債...

    解決済み質問日時:2014年5月11日 18:57回答数:1閲覧数:103

    職業とキャリア>資格、習い事>資格

  • 宅建の問題です。 AからBが建物を買い受ける契約を締結した場合(売主...

    場合(売主の担保責任についての特約はない。)に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか? ①この建物がCの所有で、CにはAB間の契約締結時からこれを売却する意思がない場合は、AB間の契約は無効とな...

    解決済み質問日時:2011年6月4日 22:52回答数:2閲覧数:250

    暮らしと生活ガイド>法律、消費者問題>法律相談

  • 宅建権利について宜しくお願い致します。 【問】不動産登記に関する次...

    次の記述のうち、誤っているものはどれか? (1) 不動産の表示に関する登記の申請は、電子情報処理組織を使用する方 法又は申請情報を記載した書面を提出する方法により、申請情報を登記所に提供してしなければならない。 (2) 誰でも、...

    解決済み質問日時:2016年3月19日 00:38回答数:2閲覧数:26

    職業とキャリア>資格、習い事>資格

  • 宅建業法について宜しくお願い致します。 【問】宅地建物取引業法第34...

    【問】宅地建物取引業法第34条の2及び第34条の3に規定する媒介契約及び代理契約の規制に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか? (1 ) 宅地建物取引業者は、宅地の売買の専属専任媒介契約を締結した場合には、定期的に業務の...

    解決済み質問日時:2016年2月13日 00:14回答数:1閲覧数:8

    職業とキャリア>資格、習い事>資格

検索しても答えが見つからない方は…

質問する

検索対象

すべて1,179件)

回答受付中0件)

投票受付中0件)

解決済み1,179件)

表示順序