質問一覧

  1. と2をWIFI通信する良い方法として無線LANルーターをも...

    無線LANルーターをもう一台買って 中継器モードにする方法があるとのことですが、この中継器モードはどこでどのようにするのですか? また、配線はのONUからきている最初の無線ルーターからLAN配線...
    解決済み - 更新日時:2016/08/25 22:52:25 - 回答数:2 - 閲覧数:9
  2. 1の住民が2にわざわざ上がってきて、私の部屋の近くで布団叩きを...

    布団叩きをします。 日曜日に必ず干しますが週に1回くらいなので我慢していましたが 日曜日がストレスになり、ずっと我慢してい ましたが 今日も激しく叩き音もうるさく、ホコリがとても散るので やんわりと、も...
    解決済み - 更新日時:2016/10/30 13:43:31 - 回答数:1 - 閲覧数:5
  3. は半外気の車庫、2居住のフローリングリフォーム中です。 打ち...

    打ち合せでは二の床に断熱材は絶対必要と設計士さんに言われるがまま依頼し内金も払いました。 しかし、ふらりと現場の見学に立ち寄ると、現場の大工さんに『なんで断熱材を入れないの?』と聞かれビックリ。 ...
    解決済み - 更新日時:2018/07/13 04:23:36 - 回答数:3 - 閲覧数:18
  4. 今、1の店舗のビジネスフォンを使っていましたが、店舗を閉めたのを...

    店舗を閉めたのを機会に、3の住まいの方だけ、電話を使うことになります。と3の電話は内線で繋がります。 主装置が一店舗内にあるので、ここを他人に貸すには、主装置の移動など必要だと思うのですが...
    解決済み - 更新日時:2016/08/25 06:56:54 - 回答数:1 - 閲覧数:10
  5. 1にあるWi-Fiルーター(LAN)を2に持ってって再度端末にWi-Fiを繋...

    繋げることってできるのでしょうか?Wi-Fiルーターって2台くらい持ってった方がいいのでしょうか?ちなみに木造住宅です。住宅によって電波等変わ ってくるので。 家電量販店とかに売ってるLANケーブルを使って2...
    解決済み - 更新日時:2016/12/01 08:29:39 - 回答数:1 - 閲覧数:18
  6. 1からの騒音について】 私は現在2建て木造アパートの2部分に...

    2部分に住んでおります。 他の知恵袋を拝見していると、1住まいで2からの騒音に 悩まされている方が多いように見受けられますが、 私はその逆で、2に住んでいて1からの騒音に悩まされています。 主に以...
    解決済み - 更新日時:2017/06/21 09:25:12 - 回答数:5 - 閲覧数:119
  7. ではデュアルディスプレイ設定でパソコンをしています。(DVIとhd...

    hdmi) さらにここから、2のテレビに、のパソコン画面を無線で流したいです。 https://www.amazon.co.jp/dp/B0188ARI1M/ こういうのを使えば可能ですか? いまいちイメージがわきません。 私のイメージとし...
    解決済み - 更新日時:2016/08/11 12:22:53 - 回答数:1 - 閲覧数:16
  8. 1で客が乗り込むと、2から8まで上がって行くエレベーターがある...

    エレベーターがある。この1でエレベーターに7人の客が乗った場合、2から8までのどのでも複数人降りない確率を求めよ。各乗客は2から 8までの降りるを等しい確率で独立に選ぶとする。 よろしくお願...
    解決済み - 更新日時:2016/08/04 13:10:43 - 回答数:1 - 閲覧数:21
  9. 地下1地上5建ての店舗ビルで4の賃料が75万と共益費16万とします...

    共益費16万とします。 地下1(飲食店可)の相場って大体わかりますか?地下1も共益費は同額でしょうか?
    解決済み - 更新日時:2017/03/13 10:29:35 - 回答数:1 - 閲覧数:9
  10. 3建一軒家です。 本日、3のテレビを1の部屋に付け替えをしたと...

    替えをしたところ、テレビアンテナ差込口にテレビコンセントを差した際に、プシュっという音と共に他部屋のテレビも番組が写らなくなり 、チャンネル設定をしてもエラーが出て見れなくなりました。。 詳しい方、...
    解決済み - 更新日時:2018/07/16 16:11:29 - 回答数:3 - 閲覧数:24
探している情報が見つからないときは「Yahoo!知恵袋」で質問してみよう。
「Yahoo!知恵袋」で質問してみよう
表示順序