質問一覧

  1. 父に自慰行為を見られました。中3女子です。 カテわからなかったので...

    カテわからなかったので違ってたらすみません>_< 自分の部屋とはいえ、家に両親共いるタイミングでしてしまった私も悪いのですが、部屋の ドアも窓も閉めて気が緩んでたのはあると思います。 達した直後、いつも...
    解決済み - 更新日時:2016/07/23 21:46:39 - 回答数:5 - 閲覧数:265
  2. 6歳息子の自慰行為について悩んでいます。 (長文になります) この...

    この位の年齢にもある事で、大人の自慰行為とは別物とは知っています。遊びながら触っていたり…といった話は周りからも聞き ますが、ウチの子の場合は少し違う気がするんです。 パターンがいつも決まってるんで...
    解決済み - 更新日時:2018/06/05 16:37:56 - 回答数:2 - 閲覧数:48
  3. 10才になる娘の自慰行為について なのですが柱や椅子の縁に性器を 擦...

    擦りつけたり指で弄っては顔を 真っ赤にして自慰行為に夢中に なっています 近所の公園の鉄棒にまたがって腰を ゆすったりしている所も目撃して います 毎日のように暇さえあれば自慰行為を しているようです 周...
    解決済み - 更新日時:2018/06/03 07:29:24 - 回答数:5 - 閲覧数:91
  4. 私の自慰行為の仕方が間違っているようなんですが、なおせるものなの...

    なおせるものなのでしょうか? 現在20代の女ですが、最近までこれが自慰行為だと知らずに過ごしてきました。 足をピンと伸ばしてクロスさ せ、股に力をこめるとジワジワと気持ち良くなるのを今までやっていたので...
    解決済み - 更新日時:2017/10/25 05:25:04 - 回答数:2 - 閲覧数:110
  5. 自慰行為をしたことがある人間は霊媒師とか神主にはなれませんか? な...

    なんかそういった霊とか神とかと通じる職業って神聖な人しかなれない気がします。 死んでから閻魔様に生前時の行いを顧みられると聞いたのですが、自慰行為についても言われてしまうんですかね? 亡くなった親戚...
    解決済み - 更新日時:2017/04/28 16:56:21 - 回答数:1 - 閲覧数:13
  6. 自慰行為(オナニー)に関する質問です。 わたしは19歳で処女なのですが...

    処女なのですが、腟内に指を入れての自慰をすることができません。 痛そうだし怖いなという思いがどうしても消えないのです。 でも 、わたしもいい歳になってきて好きな人とそういう事がしたいという願望があるし...
    解決済み - 更新日時:2017/04/03 22:02:58 - 回答数:10 - 閲覧数:154
  7. 小学六年生の男子で自慰行為してるって異常ですか?早すぎますか??...

    注意すべきでしょうか?? 小学六年生の男の子の息子を持つ母親です。 息子が毎日自慰行為をしてるみたいです・・・。 先日、息子が学校に行っている間に自宅の掃除をしている時についでに息子の部屋も掃除してい...
    解決済み - 更新日時:2016/10/06 20:24:15 - 回答数:11 - 閲覧数:2414
  8. 自慰行為って何が悪いのですか?

    なぜ、そのような思を持ったか分かりませんが 性欲を満たす為に自慰行為は欠かせない行為です それをする事になんの罪悪感も無いのではないでしょうか ただし、過度な自慰行為は依存症のリスクをあげますから注意...
    解決済み - 更新日時:2018/06/12 03:34:03 - 回答数:3 - 閲覧数:94
  9. 自慰行為について。 高校生の女子です。私は、小学5年の時になにかの...

    時になにかの夢を見てふっと目を開けたら、いきなり尿が漏れそうな感じに襲われ、我慢するとお股が痙攣?するということがありました。あの感じが忘れられなくて、自分でいじっているとまた強烈な尿意がくるのを...
    解決済み - 更新日時:2017/12/04 07:06:03 - 回答数:1 - 閲覧数:100
  10. 自慰行為について質問です。 私は自慰行為する時に脚をピンッとしなが...

    ピンッとしながらやってます。 そうしないと射精できないのです。 こんな私が性行為をしても射精出来るのでしょうか。
    解決済み - 更新日時:2018/05/15 21:39:25 - 回答数:1 - 閲覧数:0
探している情報が見つからないときは「Yahoo!知恵袋」で質問してみよう。
「Yahoo!知恵袋」で質問してみよう
表示順序