質問一覧

  1. 生命保険控除について質問です。 夫会社員、妻パート(扶養控除内)で...

    妻パート(扶養控除内)で夫が年末に会社でまとめて年末調整しています。 生命保険控除申請の書類が手元に10年分近くあります。以前主人から必 要ないと言われ放置していたのですが、いろいろ調べると、家族の分...
    解決済み - 更新日時:2018/08/13 10:22:54 - 回答数:4 - 閲覧数:50
  2. 生命保険控除について教えて下さい。 現在、扶養内の派遣社員で勤務...

    勤務しています。 丁度1年くらい前からかけ捨ての生命保険に入りました。月の支払いは900円程度です。 去年は払い始めて数か月だったので、生命保険控除のはがきが郵送されてきましたが3000円くらいだ...
    解決済み - 更新日時:2017/10/18 11:23:39 - 回答数:1 - 閲覧数:0
  3. 生命保険控除について 私は今夫の扶養に入って103万以内でパートを...

    パートをしています。 この稼ぎだけなら、パート先に生命保険控除を提出する必要が無さそうなのですが、 ラインスタンプが一年で10万ほど売れた為、 トータルの売り上げが103万を超えてしまいます。 この場合、...
    解決済み - 更新日時:2016/11/23 03:33:32 - 回答数:1 - 閲覧数:214
  4. 生命保険控除申告書および扶養控除申告書の書き方について教えて下さ...

    下さい。 今現在 1.生命保険控除証明書 2.社会保険控除証明書 3.個人年金用 4.個人年金用 と計4通の控除証明書があります。 そこで、各申告書の書き方について教えて下さい みなさん共通だと思われますので 1....
    解決済み - 更新日時:2009/12/06 07:32:30 - 回答数:1 - 閲覧数:766
  5. 生命保険控除について教えて下さい! 旦那の扶養内でパートに出てい...

    出ています。 月のお給料は8万円弱です。 今年の夏ごろから旦那と生命保険に入りました。 私なりに色々調べたのですが、私は所得税を引かれてい ないので、そもそも保険控除する必要がない、という認識で合って...
    解決済み - 更新日時:2013/11/22 09:37:57 - 回答数:1 - 閲覧数:509
  6. 扶養の範囲内で、年間160万いないで働いています。年末調整の、生命保...

    生命保険控除はうけられますか? 自分で払っています。
    解決済み - 更新日時:2017/11/23 05:11:10 - 回答数:1 - 閲覧数:93
  7. 年末調整の配偶者特別控除申告書の、生命保険控除のことで教えて下...

    下さい。 主人の扶養内で103万以下でパートをしています。 夫婦の生命保険料は主人の方でMAXの金額までいっているので、 それ以上申告しても無意味と言われています。 子供2人に生協の生命共済保険を掛けているの...
    解決済み - 更新日時:2016/11/21 00:49:32 - 回答数:2 - 閲覧数:1631
  8. 生命保険控除について 旦那の扶養に子ども二人(中学生)私は会社勤め...

    私は会社勤めなので旦那の扶養には入っていません 私が契約者で子ども二人とも生命保険に入ってます こういった場合、子どもの生命保険控除証明書を出 すのは旦那ですか? それとも契約者である私ですか? 無知...
    解決済み - 更新日時:2013/11/07 04:12:06 - 回答数:3 - 閲覧数:453
  9. 年末調整の生命保険控除について質問です。 私は夫の扶養に入ってい...

    入っています。 契約者・被保険者が私の契約があって、保険料の引落し口座も私の口座からです。 しかし、実質は、保険料は夫の給料から払ってます。 この場合、夫の会社での年末調整で控除申請することはできます...
    解決済み - 更新日時:2013/10/18 20:35:53 - 回答数:2 - 閲覧数:788
  10. 生命保険控除について質問させていただきます。 会社員の夫・パート...

    夫・パート(年間103万円の扶養内)勤務の妻で、以下の様な加入状況です。 ①夫が契約者の新制度生命保険 年間8万円以上 夫名義の口座から支払い ②妻が契約者の新制度生命保険 年間8万円以上 夫名義の口座から支払...
    解決済み - 更新日時:2017/11/30 05:17:56 - 回答数:5 - 閲覧数:262
探している情報が見つからないときは「Yahoo!知恵袋」で質問してみよう。
「Yahoo!知恵袋」で質問してみよう
表示順序