質問一覧

  1. あなたの為に私は悪者になってあげてるの。」と言う人の心理ってど...

    心理ってどういうものだと思いますか? 社会人一年目の頃の一番最初の指導係が50代のパートでバリバリ仕事する人でした。 パートでしたがその支店の女性職員はその人に逆らえませんでした。 ネチネチした言い方、...
    解決済み - 更新日時:2018/03/09 20:43:09 - 回答数:2 - 閲覧数:29
  2. あなたがしてくれなくても」(漫画)がものすごく切ないですね…。 わ...

    わたしは24なのですが、恋愛経験も浅くてセックスレスなるものも経験したことはありません。 でも、この男女の心の機微 の細かさと、ささいなすれ違いの積み重ねの果てを見ていると、すごく共感します。 明確な悪...
    解決済み - 更新日時:2018/07/28 03:55:36 - 回答数:2 - 閲覧数:453
  3. 先生「やり返したらあなた悪者になりますよ」 本当にそうなのだろう...

    本当にそうなのだろうか? 今となってはあの先生とはたぶん二度と会えないだろうが、度々思い出す上の言葉。それは僕が誰かに殴られても先生にチクることも出来ないということでもある。先生に相手のやった悪事を...
    解決済み - 更新日時:2017/01/13 15:06:55 - 回答数:2 - 閲覧数:18
  4. あなたの為を思って。私が悪者?』 こんな事を書かれました SNSで多...

    多少絡む人がいて、みんなで飲み会したりしました その中に年上の女性で、ちょこちょこ干渉してくる人がいました 最初 は良い人かと思いましたが、気分にムラがある人なので あまり関わらないようにしていました...
    解決済み - 更新日時:2016/06/14 21:49:18 - 回答数:1 - 閲覧数:2
  5. 割とゲスな質問。 この間街コンに行きました。 割と盛り上がり、ぼぼ...

    ... やっぱり私が悪者になって謝るべきでしょうか?... やはり悪者の自覚を持って、きっちり自分の思いや考え方を伝えるべきでしょうか?...
    解決済み - 更新日時:2018/10/21 09:24:34 - 回答数:1 - 閲覧数:53
  6. 夫をDV野郎扱いする妻、おかしいと思いませんか? 30代半ばの夫婦、子...

    ... 勝手に勘違いをし、決めつけて、人を悪者扱いする妻に腹が立ちます。...過去こちらがDVを認め謝罪したからと、一方的に人をDV野郎の悪者扱いしてくる妻、...
    解決済み - 更新日時:2018/10/09 01:06:23 - 回答数:7 - 閲覧数:163
  7. あなたでは役不足でしょ!」嫉妬に狂うお局にはどうしたら? 20台女...

    20台女です。私の居る部署は主任(社員)、主任代行(私・パート)、部署担当(50代お局2人・パート)に分かれています。 もともとこの部署には主任と部署担当しか居なかったのですが、私が入って2年目ぐらいに主任代行...
    解決済み - 更新日時:2018/07/18 04:21:52 - 回答数:8 - 閲覧数:86
  8. クラスで悪者にされたり、自分が雑に扱われたり、何も悪いことをして...

    何も悪いことをしていない人に嫌われたり、理不尽なことをされたり、先生が標本を皆で回して見るように言っても自分のところへ回してくれなかったり。こんなことをさ れ続けて毎日ストレスがたまってしまい、身体...
    解決済み - 更新日時:2017/10/21 03:49:49 - 回答数:1 - 閲覧数:5
  9. あなたは次のうち、どれが一番のクズだと思いますか? A:出鱈目な話...

    話をコソコソと言って回り、他人を貶める人 B:Aの話を聞いて確認もせずに鵜呑みにする人 C:Aの話を聞いて信じてはいないが「Aが言ってた」と触れ回る人 D:Aには話を合わせておき、貶めた相手にそれをチ...
    解決済み - 更新日時:2018/11/05 21:07:12 - 回答数:14 - 閲覧数:106
  10. 皆さんに対処方法を教えて欲しいです 昨日クラスメイトにスマホを割ら...

    ... 私が何すんのとキレたら回していた女子が急に泣き出して私が悪者扱いされました なんで私が悪者扱いされなきゃいけないのでしょうか?...
    解決済み - 更新日時:2017/03/14 17:38:38 - 回答数:1 - 閲覧数:11
探している情報が見つからないときは「Yahoo!知恵袋」で質問してみよう。
「Yahoo!知恵袋」で質問してみよう

検索対象

Q&A(16,183)

表示順序