質問一覧

  1. 両親についてです。 わたしは義両親が苦手です。同居はしていません...

    同居はしていません。 毎年に義父の実家のほうにお墓まいり にいくのですが、 義両親は、わたしたち夫婦になんの相談もなく、勝手に 今年ののお墓まいりの日程を決めた上、わたしの旦那の車に同乗して行...
    解決済み - 更新日時:2018/07/17 21:50:12 - 回答数:10 - 閲覧数:284
  2. のお供えについて。 には、実家にお供えを送るのが常識なので...

    常識なのでしょうか? 私の両親は健在で、主人の父は2年前に亡くなっています。 祖父母は、ともに、20年以上前に亡くなっています。 先日、に主人の実家へ行く際、お供えは何もっていこうか?と主人が義母に質...
    解決済み - 更新日時:2017/08/23 03:15:14 - 回答数:2 - 閲覧数:353
  3. の帰省について、 先日息子から連絡が入り、今年は12日に帰るから...

    帰るからと言われました。 息子は接客業で土日は休みですが、カレンダー通りの休みで休みというものはありません。お嫁さん も同業なので同じです。ですから、それは理解しております。 しかし、今年はたまた...
    解決済み - 更新日時:2017/08/12 03:03:21 - 回答数:15 - 閲覧数:1506
  4. 両親が二人で暮らす実家に私の兄妹や姪、甥が集まりました。い...

    いつもなら昼ごはんを遠慮して、午後から行くのですが、その日は珍しくおにぎりを買って用意してくれると言うので娘と二人手土 産を持って出かけました。ここ何年もお正月以外実家で食事をしたことがありません。...
    解決済み - 更新日時:2017/08/29 03:06:21 - 回答数:2 - 閲覧数:106
  5. 義理の両親との同居生活。嫁いでから初めてのを迎えました。この...

    この家でのではどんなことをするのだろう?と、今回は義母のやり方をただ見ていました。 高齢ということもあり、お膳の料理 はスーパーで揃え、いくらなんでも…と思い、変わりご飯を炊き、汁物は私が作りま...
    解決済み - 更新日時:2017/08/23 07:07:40 - 回答数:3 - 閲覧数:208
  6. 義理両親の宿泊希望を断りました。 義理両親に帰省し、帰りに私...

    私達の家に泊まりたいと言ってきました。 義理両親は愛知在住、私達は四国です。 私達は今回帰省していません。 義理 両親だけならともかく、義理妹夫婦+甥の総勢5人で、部屋も布団もありません。 また、うちには...
    解決済み - 更新日時:2017/08/19 15:16:42 - 回答数:4 - 閲覧数:163
  7. に里帰りしますが、同居している両親から実家に対して御仏前を預...

    預かりました。 この場合は、実家では嫁ぎ先にどのようにお返しを考えたらよいでしょうか? 同じく御仏前をお返しすればよい ですか?
    解決済み - 更新日時:2016/08/18 06:12:16 - 回答数:1 - 閲覧数:18
  8. の集まりを断ったら義両親が不機嫌になりました。 私達がまちがっ...

    私達がまちがってますか? 私は義両親とは関わりたくないので連絡は主人に任せてます。 妊娠中~産後まで精神的に追い込まれるようなことを言われ 子供の名前が気に入らないと産後怒りだし、 産後子供を1回見せた...
    投票受付中 - 更新日時:2018/07/14 15:07:14 - 回答数:9 - 閲覧数:400
  9. 両親が離婚しそうです。。。 高校1年男子です。 つい5日前くらいかに...

    つい5日前くらいかに父親がが洗えて無いという事に関して怒っています。はうちのでは無く父親の仕事先ので父親は母親に対して前から「油汚れは洗剤付けてお けば取れるからな」と なのに母親は普通に...
    解決済み - 更新日時:2018/07/02 16:14:43 - 回答数:4 - 閲覧数:38
  10. の初めての帰省について。 主人の実家に9ヶ月の子と2人で1週間帰...

    1週間帰省します。主人は仕事で行けません。 気になる点があるので教えてください。 ①に義母方(お墓まいり)と義父方(親 族の家へ仏壇)へ手を合わせる予定です。 仏壇へのお供え物や数珠(子供のは私の小さい...
    解決済み - 更新日時:2016/08/23 03:42:03 - 回答数:6 - 閲覧数:426
探している情報が見つからないときは「Yahoo!知恵袋」で質問してみよう。
「Yahoo!知恵袋」で質問してみよう
表示順序