質問一覧

  1. レインズに登録されている不動産は..at-home.や.SUUMO.全国情報館.田...

    .SUUMO.全国情報館.田舎ネット.等の不動産サイトに公開されない物件も有るんですか?
    解決済み質問日時:2017/10/11 10:09回答数:1閲覧数:7
    暮らしと生活ガイド>住宅>不動産
  2. 不動産業者は、所有から売買物件の依頼を受けたらレインズに登録義...

    登録義務があるそうですが、賃貸物件の媒介に関してはハトさん(鳩マークの不動産ポータル)に登録する義務があるのですか?
    解決済み質問日時:2018/01/06 15:19回答数:1閲覧数:36
    暮らしと生活ガイド>住宅>不動産
  3. 土地を探しているのですが、なかなかいい土地が見つかりません。 ネッ...

    ネットで土地を探す場合、スーモ、アットホーム、ハトマークサイト、ヤフー不動産などで 調べているのですが、不動産屋へ行く以外ではこれらのサイトくらいでしか情報は得られないでしょうか。 ちなみにレインズは見れません。
    解決済み質問日時:2015/09/23 22:15回答数:1閲覧数:41
    暮らしと生活ガイド>住宅>不動産
  4. 不動産会社の方に質問です。 新築する為の土地を探す場合、どちらの情...

    不動産会社だけが見れるサイトは、通称「レインズ」...その情報をほかの仲介会社(客付会社といいます)に提供して(レインズ登録)、...
    解決済み質問日時:2019/04/04 12:19回答数:1閲覧数:20
    暮らしと生活ガイド>住宅>不動産
  5. 中古マンションの過去の中古販売価格、新築時の販売価格の調査方法に...

    ... レインズ等には載っているんでしょうか? レインズは不動産関係者しか閲覧できないのでしょうか? 野村のプラウドを購入検討しており、非常に強気な価格がついています。...
    解決済み質問日時:2013/07/03 14:34回答数:1閲覧数:677
    暮らしと生活ガイド>住宅>新築マンション
  6. 築30年すぎたアパートを所有しています。地下鉄駅から徒歩5分で立地条...

    立地条件はすごくよいので、今まで空き状態はなっかたのですが、やはり古さには勝てません。最近なかなか入居者が決まりません。不動産やさんから専属 契約を、もちかけられましたが、家主にとってメリットはあるのでしょうか。一般契...
    解決済み質問日時:2011/05/22 15:22回答数:2閲覧数:92
    暮らしと生活ガイド>住宅>不動産
  7. 不動産業務に従事されている方へ質問させて下さい。 私は先日ある不動...

    不動産会社へ就職しました。 全スタッフ合わせて5人程の小さな会社です。 業務内容は、社長が売却情報をどこからか仕入れて、その所有に直接アプローチをし、自社で買取り又はうちの会社が仲介として入り他者に売却する。というもの...
    解決済み質問日時:2018/02/21 19:30回答数:5閲覧数:69
    暮らしと生活ガイド>住宅>不動産
  8. 宅地建物取引主任者の方に質問です。 at homeなどの不動産情報サイト...

    不動産情報サイトに掲載の不動産物件で、取引態様が専任媒介となっている売り戸建てに、別の不動産会社から内覧希望を出して断られることはありますか? 専任媒介の場合7日以内にレインズ登録しなければならないということですが、これ...
    解決済み質問日時:2017/11/09 09:01回答数:2閲覧数:23
    暮らしと生活ガイド>住宅>不動産
  9. 質問です。 個人情報についてです。 個人情報が気になったので。 以下...

    ...自動車の所有・詳細事項、レインズで物件確認などは 憲法の「知る権利」の範囲なので問題ないですよ。...
    解決済み質問日時:2015/12/07 23:18回答数:1閲覧数:9
    暮らしと生活ガイド>法律、消費者問題
  10. 不動産について 賃貸で色々な物件を取り扱える不動産を探しています。...

    ...建前としては全ての不動産情報をレインズに登録することになっていて、レインズを運営しているところに登録した不動産屋は誰でも見れますので、...
    解決済み質問日時:2016/07/19 14:59回答数:1閲覧数:6
    暮らしと生活ガイド>住宅>不動産

約88件中1~10件目

検索しても答えが見つからない方は…

検索対象

すべて(88件)

  • 回答受付中(0件)
  • 投票受付中(0件)
  • 解決済み(88件)

表示順序

表示順序