質問一覧

  1. リード110EXのオイルパンのネジ山が壊れてドレンボルトが空回りしてオ...

    オイルが漏れます。 タップドレンボルトで修理を考えてます。 リード110のオイルパンの材質とドレンボルトのサイズに詳し い方、教えて頂けないでしょうか? よろしくお願いします。
    解決済み質問日時:2019/04/03 04:55回答数:3閲覧数:35
    スポーツ、アウトドア、車>バイク>車検、メンテナンス
  2. GSX-S750のドレンボルトドレンワッシャーのサイズがわからないので...

    サイズがわからないのでどなたか教えて欲しいです。
    解決済み質問日時:2017/11/22 14:10回答数:1閲覧数:11
    スポーツ、アウトドア、車>バイク
  3. マジェスティSのエンジンオイルドレンボルト(M12)と、ギヤーオイ...

    ギヤーオイルドレンボルト(M8)の締付トルクを教えてください。
    解決済み質問日時:2018/05/31 15:19回答数:1閲覧数:5
    スポーツ、アウトドア、車>自動車>車検、メンテナンス
  4. エンジンオイルのドレンボルトですが 締め付けトルク20N-m・・・...

    トルク20N-m・・・ それ以上のトルクで締めてしまうと エンジン側あるいはドレンボルト側が破損する可能性あり。 本来ならばトルクレンチを使うべきところですが スパナ しか工具がないけれど緊急でボルト締めなければならない状...
    解決済み質問日時:2018/01/02 23:20回答数:16閲覧数:199
    スポーツ、アウトドア、車>バイク
  5. 車のドレンボルトが外れません。 力には自信あるのですが前に交換した...

    交換した時にそんなに強く締めた訳でもないのですが本気で外そうとしたのですがメガネで舐める感じで外れないので、今回エレメント交換もするのでドレンボルト外さないでエレメント外すとどうなりますか? 車種はRN6です。
    解決済み質問日時:2019/03/19 19:12回答数:6閲覧数:84
    スポーツ、アウトドア、車>自動車>車検、メンテナンス
  6. 死んだドレンボルト 友人がバイクのオイル交換に失敗しました。 どう...

    どうやらボルトを外す時に逆方向(締め付ける方)に回したらしいです……笑 途中で辞めればよかったのですが、間違いに気づかず、その後もひたすら反対方向に回すということをしたみたいです。ボルトに対しての虐待みたいですね笑 そし...
    解決済み質問日時:2019/03/27 05:57回答数:10閲覧数:130
    スポーツ、アウトドア、車>バイク>車検、メンテナンス
  7. バイクのドレンボルトなのですが、ドレンの穴の山を崩してしまい、バ...

    バイク屋に修理に出したところ、元のボルトがM14の1.25なのに、M14の1.5を淹れられてしまったのですが、これって大丈夫なので しょうか? ちなみに修理方法はまだ聞いてません、
    解決済み質問日時:2017/11/17 23:31回答数:3閲覧数:68
    スポーツ、アウトドア、車>自動車>車検、メンテナンス
  8. ドレンボルトのワイヤーロック ドレンボルトのワイヤーロックしてもら...

    ワイヤーロックしてもらいました。 通常、ワイヤーロックするときって、オイルも交換するのでしょうか
    解決済み質問日時:2015/03/07 16:10回答数:2閲覧数:32
    スポーツ、アウトドア、車>バイク
  9. オイル交換をしていたんですが、ふと疑問が? 新しいオイルを入れた後...

    オイルパンドレンボルトを外し、古いオイルを排出・・ その間にオイルフィルターを揺るまし、...ほぼ出ていない事を確認し ドレンボルトを取り付け、...
    解決済み質問日時:2014/02/03 16:19回答数:7閲覧数:6,598
    スポーツ、アウトドア、車>自動車>車検、メンテナンス
  10. ドレンボルト手締めのままオイルを入れてしまい、漏れてはいなかった...

    漏れてはいなかったですが、ドレンガスケットの表裏についている紙の部分がオイルを吸ってしまっていたんですがそこから漏れるってことはないですよね? ガスケットというか、ドレンワッシャーです。 金属のワッシャーに紙みたいなの...
    解決済み質問日時:2018/10/13 15:42回答数:1閲覧数:7
    スポーツ、アウトドア、車>自動車>車検、メンテナンス

約4,574件中1~10件目

検索しても答えが見つからない方は…

検索対象

すべて(4,574件)

表示順序

表示順序