質問一覧

  1. のび太ジャイアンの家系は将来親戚になる説。 のび太の家系は代々『...

    代々『のび〜』と付く方々が多く、 その子孫はノビスケにも引き継がれ至る。 野比一族の最末裔となるセワシだけ『のび』 の『の』の字 もない。 一方、ジャイアンこと武の家系も『たけ〜』と付く方々が多い。 その子孫はヤサシなのだ...
    回答受付中質問日時:2018/04/22 01:39回答数:1閲覧数:0
    おしゃべり、雑談>雑談
  2. のび太ジャイアンは過剰評価 のび太 自分ではできないくせに努力も...

    努力もしようとせずにドラえもんに頼ろうとする 道具の悪用 ジャイアン 簡単に他人を傷つける 映画になると良い人なんて言われていますが、普段あれだけ好き放題やってるんだから映画の時くらいのび太を助けて当然 この二人の何がいい...
    解決済み質問日時:2017/06/13 16:43回答数:1閲覧数:17
    エンターテインメントと趣味>アニメ、コミック>アニメ
  3. のび太ジャイアンは過剰評価されすぎだと思いませんか? のび太 自分...

    自分ではできないくせに努力もしようとせずにドラえもんに頼ろうとする 道具の悪用 ジャイアン 平気で他人を傷つける 映画になると良い人なんて言われていますが、普段あれだけ好き放題やってるんだから映画の時くらいのび太を助けて...
    解決済み質問日時:2017/06/14 21:22回答数:1閲覧数:18
    エンターテインメントと趣味>アニメ、コミック>アニメ
  4. のび太くんがジャイアンに追いかけられてるとします。 しかしのび太く...

    太くんは赤信号に捕まります。 このまま信号待ちをするとジャイアンに追いつかれボコボコにされるので信号無視して逃げたら場合のび太くんは緊急避難が認められますか?
    解決済み質問日時:2018/11/18 03:19回答数:6閲覧数:59
    マナー、冠婚葬祭>マナー>交通、運転マナー
  5. 1のび太ジャイアンの事を「豪快な魔神」と言ったらどうなりますか? ...

    2まる子がひろあきの事を「激昂の王子」と言ったらどうなりますか? 3三沢or中島がさきこの事を「絶望をもたらす者」と言ったらどうなりますか? 4まる子がさきこの事を「異次元のパーフェクトボディ」と言ったらどうなりますか? 5まる...
    解決済み質問日時:2017/01/29 02:21回答数:1閲覧数:14
    エンターテインメントと趣味>アニメ、コミック>アニメ
  6. のび太のママ、ジャイアンのママ、スネオのママ、しずかちゃんのママ ...

    どのお母さんが好きですか? 好感が持てるお母さんはこの中でどれですか? もし、自分のお母さんだったとしたら、どのママがいいですか? どのママが嫌ですか? 理由も述べて下さい。 私は、一番=のび太のママ 二番=スネオのママ 三番...
    解決済み質問日時:2011/12/15 11:29回答数:5閲覧数:1,712
    生き方と恋愛、人間関係の悩み>恋愛相談、人間関係の悩み>家族関係の悩み
  7. のび太ジャイアンに「奮起する王子」と言ったらどうなりますか?

    どうにもならない。。。
    解決済み質問日時:2017/01/01 23:37回答数:1閲覧数:9
    エンターテインメントと趣味>アニメ、コミック>アニメ
  8. のび太ジャイアンの事を「異次元の邪念」と言ったらどうなりますか?

    熱がないか心配される
    解決済み質問日時:2017/07/19 22:43回答数:1閲覧数:11
    エンターテインメントと趣味>アニメ、コミック>アニメ
  9. のび太ジャイアンどっちのほうがわがままですか?

    二人とも我が儘の度合いを越して障害と言われてますが… 私はのび太のが我が儘だと思います。 ジャイアンのがテストで零点を取らないし、廊下に立たされないので宿題もやってる。 ジャイアンは友達には我が儘だけど、学校でも我が儘...
    解決済み質問日時:2017/04/13 02:06回答数:3閲覧数:18
    エンターテインメントと趣味>アニメ、コミック>アニメ
  10. ドラえもんのキャラののび太、スネ夫、ジャイアン、出木杉の4人の男...

    男らしさ偏差値はどのくらいだと思いますか? ちなみに50が平均的な偏差値だとします。
    解決済み質問日時:2017/03/02 02:04回答数:2閲覧数:18
    エンターテインメントと趣味>アニメ、コミック>アニメ

検索しても答えが見つからない方は…

検索対象

すべて(8,314件)

表示順序

表示順序