質問一覧

  1. 北里薬学部について質問です。 センター利用の場合、国語は配点が10...

    100で近代以降の文章とかいてあるのですがそれは現代文のみということでしょうか? 誰か分かる方回答お願いします。
    解決済み質問日時:2018/06/08 21:11回答数:1閲覧数:7
    子育てと学校>受験、進学>大学受験
  2. 北里の6年制の薬学科と4年制の生命創薬科学科で迷っています。生命...

    生命創薬科ではA判定が出てるんですけど、薬学科はB~Dと安定しません。浪人はしたくないので生命創薬科学科を受けようと思うのですが、生命創薬科学 科でも薬剤師にはなれるのでしょうか?
    解決済み質問日時:2017/11/12 10:54回答数:2閲覧数:6
    子育てと学校>大学、短大、大学院>大学
  3. 北里 2010年物理の問題で質問です。 画像の問題の問4なのですが、解...

    解説を読むと「単振動の中心はつりあいの位置である。したがって振動の中心はバネが自然の長さのときの、ばねの下端からL0だけ下がった点である」 と書いてありました。 単振動の中心はつりあいの位置なことはわかるのですが、したが...
    解決済み質問日時:2018/08/25 16:36回答数:1閲覧数:7
    教養と学問、サイエンス>サイエンス>物理学
  4. 順天堂大学医学部、北里医学部、埼玉医科大学などの医学部の過去問...

    過去問を さくら教育研究所の医学部演習で終わらせました。 割とそこそこ解けてきたので、獨協医科大学医学部あたりなら合格できますか?
    解決済み質問日時:2017/10/17 10:05回答数:1閲覧数:16
    子育てと学校>受験、進学>大学受験
  5. 大学の選び方についてです。 例えばですが、北里の生物学科に進学す...

    進学すると取得できる資格が教員免許しかなく、東海の生命科学だとそれに加え毒物劇物取扱責任者などの資格も取得することが できると書いてあります。 偏差値や知名度などは北里のほうが上なのですが資格で見ると東海のほうが...
    解決済み質問日時:2015/03/21 23:25回答数:1閲覧数:37
    子育てと学校>受験、進学>大学受験
  6. 北里のセンター利用で獣医学部の生物環境に出願しました。去年のボ...

    ボーダーが67%で自分は73%でしたかが、上がる見込みはあるでしょうか? 多くの人が出願していたので、受かるか心配になった ので聞きました。 教えてください。お願いします
    解決済み質問日時:2019/02/04 09:51回答数:1閲覧数:15
    子育てと学校>受験、進学>大学受験
  7. 北里の獣医学部と昭和歯学部だったらどっちの方が受かりやすいで...

    受かりやすいですか? 学部は違いますが回答よろしくお願いします。
    解決済み質問日時:2018/11/04 00:35回答数:5閲覧数:115
    子育てと学校>受験、進学>大学受験
  8. [早慶>>>地底] 北里>>>阪大九 阪大九はノーベル賞0、総...

    総理大臣0 対して早慶は総理大臣10名 早慶理工系がノーベル賞ないのは単純に母体数が圧倒的に少ないからで、(1学年 早慶理工2000人、旧帝理工10000人) さらに早慶理工は1970年代に設置されてるので卒業生の数がまだ少ない&若いとい...
    解決済み質問日時:2015/10/24 05:25回答数:3閲覧数:31
    子育てと学校>大学、短大、大学院>大学
  9. 今年の北里獣医学部獣医学科センター試験利用入試で補欠者となった...

    補欠者となった者です。 毎年補欠者の内、何人ぐらい繰り上げ合格者になるのでしょうか?やはり、補欠者=不合格者と考えた 方がよろしいでしょうか? 早急な回答をお願いします!
    解決済み質問日時:2014/02/08 18:07回答数:3閲覧数:1,043
    子育てと学校>受験、進学>大学受験
  10. 水産大学校か北里大学か浪人か 閲覧ありがとうございます。 高3の受験...

    受験生です。 センター試験で失敗し、前期は長崎を受けましたが恐らく不合格だと思います。後期は鹿児島に出願してい ます。 そこで、今合格をもらっている北里海洋生命科学部か水産大学校食品科学科に進学するか浪人するか迷っ...
    解決済み質問日時:2016/02/28 01:40回答数:5閲覧数:474
    子育てと学校>受験、進学>大学受験

約2,785件中1~10件目

検索しても答えが見つからない方は…

検索対象

すべて(2,785件)

表示順序

表示順序