質問一覧

  1. 女ゴルファーです。 7番アイアンから上のミドルアイアンまで、ランが...

    ランが多いです。 普段は手前から攻めてますが砲台や手前にハザードがある時、参ります。 男性のようなヘッドスピードも、もちろんなくて、ボールの先のターフもほとんどとれません。 ランを少なくするのは、難...
    解決済み - 更新日時:2009/07/25 19:29:28 - 回答数:5 - 閲覧数:574
  2. ゴルフの道具 使用方法 私最近ゴルフをするのを進められてやろうと思...

    思うのですがいろんなクラブがありますね。ドライバー、スプーン、アイアン1~9番?サンドウェジ?パター・・・?各役目がわかりません。どう場面ではこれを使用しここではこれを使用するということがわかりま...
    解決済み - 更新日時:2007/02/27 21:57:35 - 回答数:2 - 閲覧数:2253
  3. 納得いくスコアが出ません。 元学生ゴルファー26歳です。 最近、納得...

    ... ラウンド中の反省点は多いです。 ・元々得意だったパターはラウンド平均29パット→1月からは40パット。ショートパット、ミドルパットがすべてカップになめられて外れる。...
    解決済み - 更新日時:2017/05/24 08:18:12 - 回答数:7 - 閲覧数:161
  4. ゴルフのプレーで極端な質問です。 どちらのプレーが納得できますか?...

    スコアは同じだったとします。 1. ドライバーは最高に調子がよく、狙った場所へナイスショットばかり。フェアウェイキープ率90%以上で飛距離も出ている。フェアウェイウッド、ミドルアイアンもいい感じ。しかし...
    解決済み - 更新日時:2008/08/22 03:51:11 - 回答数:7 - 閲覧数:2338
  5. ようやくスコアが100を切りました。次の目標は90代前半ですが、一般的...

    ...パー5の3rdショットでパーオンさせる為にミドルアイアン(100−150Y)の精度を上げる →レッスン、...
    解決済み - 更新日時:2014/01/15 21:39:03 - 回答数:9 - 閲覧数:611
  6. ゴルフクラブの買い替えを考えています。どんなクラブがお勧めでしょ...

    勧めでしょうか? 私は、レギュラーティーからで、100前後のアベレージゴルファー(女性)です。 ヘッドスピードは平均37.5でした。 現在、ウッド(1、3、5、7)は ONOFF を、アイアン(5,6,7,8,9...
    解決済み - 更新日時:2008/02/15 09:16:49 - 回答数:3 - 閲覧数:4928
  7. 私の師匠に毎回毎回飛ばなくてもきっちり当てていけば100はきれると言...

    言われ練習してだいたい100は叩かなくなりましたが一歩上に進むためにはアプローチとパターの精度以外にどんな練習法が必要ですか
    解決済み - 更新日時:2009/03/09 22:22:09 - 回答数:8 - 閲覧数:1417
  8. こんにちは 左利きゴルファーです。今年の秋からデビューして 四回ラ...

    ...もちろん100をきるのも目標ですが今 グリーン周りからのアプローチやパターでの1打の大切さがわかってきた感じがします 特にパターでの1打は緊張感で練習と本番の差がすごく感じますので今はそこを課題として...
    解決済み - 更新日時:2011/10/24 16:37:32 - 回答数:2 - 閲覧数:219
  9. ゴルフを始める初心者には、短いクラブから始めろというレッスンが多...

    多いような気がするのですが、手打ちになるといった弊害はないのでしょうか。 ウェッジなどは、ミドルアイアン以上と比べて、 良くいえば許容範囲が広い、悪口いえば(余程変な打ち方をしない限りは)どんな打ち...
    解決済み - 更新日時:2010/11/13 01:30:52 - 回答数:12 - 閲覧数:502
  10. クリーブランドのハイボア クリーブランドのハイボアのアイアンの初代...

    初代の発売年月日を教えて下さい。 また、どれだけバージョンアップしていて、現在は何代目なのでしょうか? 性能はどれだけ変わっているのでしょうか? できるだけ、詳しく教えて頂きたいので、よろしくお願いし...
    解決済み - 更新日時:2008/12/11 01:29:43 - 回答数:1 - 閲覧数:818
探している情報が見つからないときは「Yahoo!知恵袋」で質問してみよう。
「Yahoo!知恵袋」で質問してみよう

検索対象

Q&A(116)

表示順序