質問一覧

  1. 結婚式(人前式)の新郎新婦と両親の衣装について質問させてください...

    質問させてください。 現在婚約中の34歳女です。 結婚式に関してはあまり乗り気ではないのですが、和装(白無垢か打掛)で親族だけの少人数の挙式+会食ならいいかなと色々と調べている所です。 彼の母がクリスチャンの為、確認したと...
    解決済み質問日時:2018/09/10 22:08回答数:7閲覧数:134
    マナー、冠婚葬祭>冠婚葬祭>結婚
  2. 新郎新婦で挙式披露宴の費用負担をした場合の両親の対応について。 若...

    若干話がずれていくかもしれません。最初にお詫びします。 新郎側は、お金の話に慎ましやかで、新婦(私)方はかなりオープンです。 親兄弟のみで挙式披露宴を行い、費用が150万円弱でした。 結婚するに当たって、当初、私の両親は、...
    解決済み質問日時:2015/12/22 13:32回答数:7閲覧数:269
    マナー、冠婚葬祭>冠婚葬祭>結婚
  3. 新郎新婦友人代表として披露宴でスピーチをします。 添削お願いします...

    添削お願いします。 Aさん(新郎)・Bさん(新婦)、本日はおめでとうございます。 ご両家の皆様にも心からお祝いを申し上げます。 ただ いまご紹介にいただきました2人の友人で○○と申します。 2人とは学生時代に知り合い、もう10年の...
    解決済み質問日時:2015/02/28 17:16回答数:1閲覧数:43
    マナー、冠婚葬祭>冠婚葬祭>結婚
  4. 当方未婚24歳、友人新郎新婦同級生共に24歳の結婚式に出席する際に此...

    此方の振袖なんか着てしまったら失礼にあたる、というか 非常識でしょうか…? 手足が傷だらけで出したくないので 和服を 着たいのですが、、
    解決済み質問日時:2017/09/10 20:01回答数:5閲覧数:232
    マナー、冠婚葬祭>冠婚葬祭>結婚
  5. 二次会に新郎新婦がいないってアリ? 新郎が上司だか社長だかから急に...

    急に呼ばれた(つまり会社関連の二次会が急遽決まった?)と言って、乾杯から5分で去っていきました。 その後、新婦側友人が帰 る帰る。15分後には幹事と私だけになってしまいました。
    解決済み質問日時:2019/04/17 21:01回答数:1閲覧数:74
    マナー、冠婚葬祭>冠婚葬祭>結婚
  6. 新郎新婦ともに友人の結婚式に参加する時 御祝儀はどちら側に渡せば...

    渡せばいいですか? 新郎で大丈夫でしょうか、
    解決済み質問日時:2019/03/08 18:17回答数:2閲覧数:20
    生き方と恋愛、人間関係の悩み>恋愛相談、人間関係の悩み>友人関係の悩み
  7. 結婚式二次会の新郎新婦持ち出しが、かなり多くなった方はいらっしゃ...

    方はいらっしゃるのでしょうか? 今年挙式することになり、式は家族のみ・二次会は友人のみの予定です。 二次会会場は私の地元で、多く の友人たちは県内ではあるものの少し時間をかけて来てもらうことになります。 その為、持ち出し...
    解決済み質問日時:2018/01/08 13:14回答数:5閲覧数:108
    マナー、冠婚葬祭>冠婚葬祭>結婚
  8. 新郎父がいない場合の両家代表結婚式挨拶はどのパターンが1番道理にか...

    1番道理にかなっていて、どのパターンが1番多いですか??招待状の名義は新郎新婦です。 ①新郎母 ②新婦父 ③新郎のみ
    解決済み質問日時:2019/05/07 01:37回答数:5閲覧数:28
    マナー、冠婚葬祭>冠婚葬祭>結婚
  9. 新郎から新婦へサプライズムービーを考えていますが、 「新婦の生い立...

    立ち」は新婦が学校や前の職場が嫌いだったので辞めようと思います、! ほかになにがありますか?
    解決済み質問日時:2018/10/24 14:26回答数:4閲覧数:84
    マナー、冠婚葬祭>冠婚葬祭>結婚
  10. 結婚式の祝電は式後、新郎新婦に渡されますか? 今度、結婚式をやむを...

    結婚式をやむを得ず欠席しなければならず、祝電をお送りしようと思います。 私は電報を頂いたことがないのでお伺いしたいのですが、披 露宴の中で多くの場合、祝電披露がありますよね?そこで読み上げられた後の電報本体はどうなるの...
    解決済み質問日時:2018/07/27 08:17回答数:5閲覧数:57
    マナー、冠婚葬祭>冠婚葬祭>結婚

約61,349件中31~40件目

検索しても答えが見つからない方は…

検索対象

すべて(61,349件)

表示順序

表示順序