toshichan-manさんのMy知恵袋

ここから本文です

プロフィール

toshichan-manさんとは

参加日 : 2018/01/01
名前 :

toshichan-man

年齢 :

非公開

性別 :

男性

職業 :

医師

自己紹介 :

吃音(流暢障害)を打倒するブログを造りました。
https://ameblo.jp/toshichan-man/
です。

https://ameblo.jp/toshichan-man/entry-12348333874.html

に全てが書いてあります。

正義感に基づいて回答していたら、公開するIDが消されました。

精神科医などであり、神経線維腫症の専門家でもあります。

妥協はしません。正しいと思ったことはそのまま書きます。

時折、息子が使用します。


(流暢障害)
                   
(吃音は流暢障害と呼ぶようにDSM-5で改訂された) 
 
 欧米に於いて流暢障害の研究は盛んに行われている。しかし本邦では流暢障害の研究はほとんど行われていない。流暢障害に薬物療法が存在することは本邦の臨床医師に於いてほとんど認識されていない。
 
(補足)

吃音は様々な原因で起こる症候群と考えられている。人により、原因は異なる。

欧米は麻薬からの過去の苦い経験からベンゾジアゼピン系抗不安薬の常習性を酷く嫌って用いようとしませんが、我が国は麻薬は広まらない世界で唯一の特異な国です。副作用の無いベンゾジアゼピン系抗不安薬(デパス、レキソタン、ジアゼパム、セパゾン、ワイパックス、リーゼ、メイラックスなど)を用いるべきと私は信じます。

レキソタン(bromazepam)、デパス(etizolam)、ジアゼパム(diazepam)、セパゾン(cloxazolam)などで対処することです。ソラナックス(alprazolam)は却って吃音を重くします。ソラナックスは抗コリン作用が強いからです。

SSRIs(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors)など抗うつ薬の副作用は余りに酷く、自殺者を幾人も経験してきました。吃音にSSRIs(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors)など抗うつ薬は決して用いるべきでは無い、日本は他の国とは異なり麻薬が流行らない極めて律儀な国民性があります。ベンゾジアゼピン系抗不安薬を用いるべきと強く主張したい。


吃音には星状神経節ブロック、Bスポット療法、整体、鍼が第一選択と思います。交感神経過緊張を解すことが重要です。
しかし、やはりベンゾジアゼピン系抗不安薬が良く効きます。ベンゾジアゼピン系抗不安薬が第一選択でしょう。

サイト :

https://ameblo.jp/toshichan-man/

http://sky.geocities.jp/mmm82883/index.htm

ブログ :

質問・回答の成績

次のグレードまで

回答数

100%

ベストアンサー数

81%

ベストアンサー率

100%

質問の成績

解決済み 32件
解決率 97%
総数 33件
削除 1件

回答の成績

ベストアンサー 81件
ベストアンサー以外 79件
ベストアンサー率 34%
総数 240件
削除 80件
  • ※解決率=解決済みの質問÷(解決済みの質問数+削除された質問数)
  • ※ベストアンサー率=ベストアンサー数÷(ベストアンサー数+ベストアンサー以外の回答数+削除された回答数)

これまでのナイス!

回答にナイス!をされた回数 22回

これまでの投票

投票した回数 1回
ベストアンサーに最初に投票した回数 0回
プロフィール画像

toshichan-manさん

回答リクエストとは?

Q&Aグレード10

161,238/47,919,787人中

次のグレードまで

回答数

100%

達成条件
達成!

ベストアンサー数

81%

現在/達成条件
81/100件

ベストアンサー率

100%

達成条件
達成!

成績

  • 質問総数

    33件
  • 質問解決率

    97%
  • ベストアンサー数

    81件
  • ベストアンサー率

    34%
  • 成績詳細を見る

知恵コイン

  • 0枚

ライフ

本文はここまでです このページの先頭へ