h0q********さんのMy知恵袋

ここから本文です

プロフィール

h0q********さんとは

参加日 : 2012/04/25
名前 :

年齢 :

非公開

性別 :

職業 :

自己紹介 :

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11181161801
コリント●
5:16 ですから、私たちは今後、人間的な標準で人を知ろうとはしません。かつては人間的な標準でキリストを知っていたとしても、今はもうそのような知り方はしません。
ここでパウロは歴史上のイエスを拒絶しています。
使徒言行録はパウロ書簡とだいぶ矛盾があります。
パウロ自身はは「主の兄弟ヤコブ以外には、ほかのどの使徒にも会わなかった。」と言っているにもかかわらず。

使徒言行録9章の有名な「パウロの回心」の話。
使徒言行録では「使徒たちにあい」宣教を始めたと書いてある。
パウロは福音がイエスを通し、パウロに直接もたらされたと強調している。
使徒言行録9章の有名な「パウロの回心」の話。

イエスの声を聞いたとか、三日間目が見えず、食べも飲みも
しなかった。アナニアと言う弟子がパウロに会ったとか。

そーーーーんなことはパウロは全く書いてはいない。
コリントス第一書簡16/22
もし主を愛さない者があれば、のろわれよ。マラナ・タ

全知全能であらせられる主が、愛さないからと言って
その人を呪うような幼稚なオツムをしているとでも
思ってるのだろうか。

愛さないから呪うと言ってるのは、主ではなくパウロの
妄想だよ。
愛さないから呪うなんて
ローマ書簡5/12






doltotiさん
.

2017/10/2500:31:43
.

だいぶ違う。

律法はモーセの時代に与えられたものだけど、罪はそれよりも前からあったわけだよね。

すべての人は罪人だ。なぜなら、すべての人は死ぬからだよ。死なない人は一人もいない。古代オリエントでは、どうすれば不死の神々のように、人が不死になれるかが文学のテーマになっていた。

人が死ぬのは、人が不完全だから。その不完全さを罪といい、罪は人と神を分かつもの。罪あるがゆえに人は死ぬ。だから、罪の赦しを乞う儀式によって、死を共同体から遠ざける。これが旧約の祭儀律法だよ。

キリスト教の場合、罪の赦しを乞う儀式は、イエス・キリストによって全うされたと考える。もはや人の罪は完全に赦され、死を見ることがない。罪が残る不完全な肉体は眠りにつくとしても、罪のない完全な体とともに甦る。そのことを信じる人は神と共に生き、信じない人は永遠に滅ぶ。

サイト :
ブログ :

質問・回答の成績

次のグレードまで

回答数

100%

ベストアンサー数

97%

ベストアンサー率

100%

質問の成績

解決済み 1,919件
解決率 99%
総数 1,941件
削除 22件

回答の成績

ベストアンサー 1,424件
ベストアンサー以外 5,609件
ベストアンサー率 20%
総数 7,037件
削除 4件
  • ※解決率=解決済みの質問÷(解決済みの質問数+削除された質問数)
  • ※ベストアンサー率=ベストアンサー数÷(ベストアンサー数+ベストアンサー以外の回答数+削除された回答数)

これまでのナイス!

回答にナイス!をされた回数 711回

これまでの投票

投票した回数 4回
ベストアンサーに最初に投票した回数 0回

TOP 10000

プロフィール画像

h0q********さん

回答リクエスト停止中

回答リクエストとは?

Q&Aグレード27

8,800/47,514,306人中

次のグレードまで

回答数

100%

達成条件
達成!

ベストアンサー数

97%

現在/達成条件
1,424/1,458件

ベストアンサー率

100%

達成条件
達成!

成績

  • 質問総数

    1,941件
  • 質問解決率

    99%
  • ベストアンサー数

    1,424件
  • ベストアンサー率

    20%
  • 成績詳細を見る

知恵コイン

  • 59,042枚

ライフ

本文はここまでです このページの先頭へ