片腕の男(両腕あるけど右は自由が利かない) 俳号 黒枯朝鞍さんのMy知恵袋

ここから本文です

プロフィール

片腕の男(両腕あるけど右は自由が利かない) 俳号 黒枯朝鞍さんとは

参加日 : 2009/07/27
名前 :

片腕の男(両腕あるけど右は自由が利かない) 俳号 黒枯朝鞍

年齢 :

50~59歳

性別 :

男性

職業 :

無職(身障者)

自己紹介 :

見よりいて故郷我や我いるや烏声にも鴬の声
我の庭や持たぬ我誰も知らぬ夏
点々や蒟蒻幹にクルマユリ
梅の葉や枯れて落つるもまた枝も
マシン也シンガーミシン歌歌う
色違う同じ花れど花枯れ葉
花庭の千草の君を教えたき
畑車飛ぶ鳥よりもトンボ勝つ
秋だから秋だから暮れるの早い
薄焼けに虫の鳴き声響きけり
天井畑虫の鳴き声聞こえない
秋の日のただ侘しくてただ寂し
季の過ぎて森に陽の夏残り雲
ランニング児らの休みの明日まで
小晦日の東雲僅か色に染む
梅葉枯れまた一つまた一つ落つ
雪如し花否葉否花の花
蚊という字虫に文のでも我カー
台雲の晴れ間ありて滴音
滴落つ鳥エンジ音聞こえても
秋の空何故一点の翳りなし
落ち葉焚きもうすぐ冬も近くなる
クマセミや木止ま声なく風に揺る
一本の勝負勝ち負け無しにしよ
秋の日のあの暑き日は直ぐの昔
蝶舞い見風に揺る影似しや君
虫急ぎ飛ぶ今年冬早の思
白彼岸咲いて蒟蒻倒れるる
空に雄不動大地の秋に秋
曇り日の何哲もなく秋の日や
斑秋陽の射しあたり緑照る
柿たくてせがんで味の匂いにあ
アトムかな雪花桜川に路
秋霞野辺草達や露霞
まだ霞薄曇りにて霞しや
飛び惑や蜻蛉一匹霞空
秋朝焼け一直線の棟の色
儚きに落ちて金木犀の匂い哉
アプアプと朧に秋の夕日時
城山の祭り見たいとおなごかな
乗り越えて野辺草達の霞むまで
喰おうかな喰えぬ雲喰う事出来ぬ
勝つぬ克つ勝たないで克つ心かな
頭手に蝿舐めまくる白帝日
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1073536180
食仕度白帝薄夕親父灯を
10月の陽射しや冬に夏と思
パンツゴム緩んで下がり後ろ見る
遊喧嘩互いに蝶の空と消ゆ
柿の実の朝陽に花と露雫
賑わいや僅かに聞こう祭り声
セイタカのそれより伸びてススキ哉
白猫や陽受く柿壁もすぐ雪
風北と襟立つ上着柿ススキ
殺されて運ばる蜘蛛の蟻の餌
雲声とおずわれれるしこのや音
あられれやボケらる訳の花らるる
朝顔の葉守らるる葉一群
百日紅の葉の落ちて薄きに錦庭
斑青感じる色は秋の空
寂びし哉たわわに柿の鳴いて鳥
雪虫や昨日一匹今日二匹
まだら柿まだらに枯れ葉赤黄色
珊瑚柿濡れしや濡れぬ知恵袋
この沈みこの夜また来る秋最後
秋最後だよ判るかな判ららや
陽は下もこなに明るい晦日秋
南天の葉裏に蜘蛛の巣に陽射す
あの陽射しその来て冬も最後秋滴落ち鳥来て音落ちた
海の色月の光の青味とか
去年(こぞ)見して何故に月とと離ららる
ほん(・・・)どかな愛媛スタジオ秋の空
苔に旬とありせばにまほろ川
並木道熊市庁舎や旬の苔

サイト :

http://www.youtube.com/watch?v=dDy3lQYPzS4&feature=related

ブログ :

質問・回答の成績

次のグレードまで

回答数

100%

ベストアンサー数

95%

ベストアンサー率

100%

質問の成績

解決済み 4,012件
解決率 100%
総数 4,023件
削除 11件

回答の成績

ベストアンサー 3,129件
ベストアンサー以外 2,947件
ベストアンサー率 51%
総数 6,082件
削除 6件
  • ※解決率=解決済みの質問÷(解決済みの質問数+削除された質問数)
  • ※ベストアンサー率=ベストアンサー数÷(ベストアンサー数+ベストアンサー以外の回答数+削除された回答数)

これまでのナイス!

回答にナイス!をされた回数 2,891回

これまでの投票

投票した回数 13回
ベストアンサーに最初に投票した回数 4回

TOP 10000

プロフィール画像

片腕の男(両腕あるけど右は自由が利かない) 俳号 黒枯朝鞍さん

回答リクエストとは?

Q&Aグレード33

3,188/47,507,353人中

次のグレードまで

回答数

100%

達成条件
達成!

ベストアンサー数

95%

現在/達成条件
3,129/3,267件

ベストアンサー率

100%

達成条件
達成!

成績

  • 質問総数

    4,023件
  • 質問解決率

    100%
  • ベストアンサー数

    3,129件
  • ベストアンサー率

    51%
  • 成績詳細を見る

知恵コイン

  • 229,585枚

ライフ

本文はここまでです このページの先頭へ