men********さんのMy知恵袋

ここから本文です

プロフィール

men********さんとは

参加日 : 2018/10/15
登録番号 : 1246330708
名前 :

men********

年齢 :

非公開

性別 :

職業 :

会社経営

自己紹介 :

2008年頃に数々の症状を発症
・顎関節症
・パニック障害
・うつ
・集中力、思考力、記憶力低下
・顔面と後頭部の痺れ
・ヒステリー球
・歯ぎしり
・首肩こり
・腰痛
・歩行障害
・息苦しさ
・不安感
・心臓辺りの痛み
・眼精疲労
・頭痛
・片頭痛
・目眩
・ムズムズ病

あらゆる医療機関に行くも全く良くならず、自力で完治しました。
一般的な医学的見解とは全く異なる解決方法を見出した事実を元に回答を続けています。

精神科の問題は

1.現代における急増を踏まえた原因推察が出来ていないこと。
2.顎関節症など体の痛みを伴う方が多いことを考慮できていないこと。

だと考えています。特に「体の痛み」の併発を把握しているなら、なぜそこに原因を見出さないのか。

先日テレビで丸山ワクチンが取り上げられていましたが、医学、医療には「闇」があると考えています。

「儲からないから使わない」

私は既存の治療法を凌駕するような万能薬は今後も出てこないと思っています。
製薬会社や医療機関からすれば、治療は儲からないといけない。

私が取り上げた気分障害についても同じことが言えます。
うつ病などの気分障害に関する医学的見解や治療法を否定するような見解は「医学的根拠がない」とされます。

丸山ワクチンは結核患者ががんにかからない(かかりにくい)という客観的指標がヒントになったものですが、気分障害についても顎関節症、ストレートネックなどの併発のしやすさが重要なヒントになるのは間違いありません。

私は化学の研究をしていましたが、常に思っていたことがあります。

「儲からない研究は進みが遅い」

多くの医師が本来の使命を思い出してくれることを望みます。

※最近は2018年11月より投稿を再開させたという精神科医が投薬治療の有効性をせっせと広めていますが、現代社会で気分障害が増えた理由も語れない輩でしょう。彼らが脳内に思いを馳せるのは100年早いと思います。
投薬治療による精神攪乱、異常行動がもしあるなら、彼らにも被害が及ぶ可能性もありますので、ぜひ善処頂きたいです。(本人も著しい被害妄想癖があるようで大変心配しております。)

まず精神医療がやらなきゃいけないのは顎関節症や体の痛みが併発する原因解明です。
一般人は気づけないだろうと現実逃避はダメダメ
体の痛みまでも投薬治療でねじ伏せて満足してる場合じゃない。
投薬治療マニアはサボってんじゃない。
頼みますよ。

サイト :
ブログ :

質問・回答の成績

次のグレードまで

回答数

100%

ベストアンサー数

96%

ベストアンサー率

100%

質問の成績

解決済み 11件
解決率 39%
総数 28件
削除 17件

回答の成績

ベストアンサー 2,596件
ベストアンサー以外 1,950件
ベストアンサー率 57%
総数 4,586件
削除 40件
  • ※解決率=解決済みの質問÷(解決済みの質問数+削除された質問数)
  • ※ベストアンサー率=ベストアンサー数÷(ベストアンサー数+ベストアンサー以外の回答数+削除された回答数)

これまでのナイス!

回答にナイス!をされた回数 707回

これまでの投票

投票した回数 0回
ベストアンサーに最初に投票した回数 0回

TOP 10000

プロフィール画像

men********さん

Q&Aグレード30

4,514/48,127,131人中

次のグレードまで

回答数

100%

達成条件
達成!

ベストアンサー数

96%

現在/達成条件
2,596/2,700件

ベストアンサー率

100%

達成条件
達成!

成績

  • 質問総数

    28件
  • 質問解決率

    39%
  • ベストアンサー数

    2,596件
  • ベストアンサー率

    57%
  • 成績詳細を見る

知恵コイン

  • 284,075枚

ライフ

本文はここまでです このページの先頭へ