PM2.5

7,896件

PM2.5

写真:アフロ

大気中に漂う粒子径が2.5マイクロメートル以下の小さな粒子粒子状物質の発生源としては、工場や自動車から排気される土壌、カビの胞子、排気された化学物質や金属物質などです。粒子の大きさが非常に小さいため、肺の奥にまで入り込みやすく、ぜんそく気管支炎などのリスクを上昇させると考えられます。例年、春にかけて濃度が上昇する傾向がみられるので、影響を受けやすいお年寄り子どもは特に注意しましょう。

関連ワード

「PM2.5 喘息」に関するQ&A

141件

「PM2.5 喘息」に関するQ&Aをもっと見る

「PM2.5」が多く含まれるカテゴリは?