骨盤骨折

253件

骨盤は体の中央に位置し環状構造をしており、上半身を支える土台の役目と、股関節を介して下肢とつながり、さらに下肢への血管や神経のとおり道になっている重要な部位です。そして、その環状構造の中に生殖器や泌尿器、消化器をおさめています。骨盤は、両側にある寛骨という骨と後中央にある仙骨が環状につながってできています。寛骨は上方の腸骨、後下方の座骨、前下方の恥骨か...

骨折部位の痛みのため動けません。内臓に障害が及べば、腹痛が起きたり尿が出なくなります。また、神経障害されれば足の感覚や動きが悪くなります。

X線・CT・MRI検査は必須です。受傷直後に大量出血している場合には、切れている血管を確認し、止血するためにカテーテルを血管内に入れて止血操作をすることもあります。骨折の分類に従って簡単に説明します。●骨盤骨折骨盤環状構造が破壊される骨折で、通常、前方と後方の2カ所で脱臼や骨折が起こり、交通事故や転落事故など大きな外力で発生します。この骨折では内臓...

関連ワード

「骨盤骨折」に関するQ&A

253件

「骨盤骨折」に関するQ&Aをもっと見る

「骨盤骨折 骨盤」に関するQ&A

24件

「骨盤骨折 骨盤」に関するQ&Aをもっと見る