骨盤腹膜炎

236件

骨盤内には前に膀胱、後ろに直腸、その間に子宮・卵管があり、それらの表面は腹膜でおおわれています。この骨盤腹膜に起こった炎症が、骨盤腹膜炎です。急性期には、下腹部全体に及ぶ持続性の痛みや膿性帯下、悪寒・震えを伴う発熱などが認められます。腹膜刺激による悪心・嘔吐も認められます。慢性期に移行すると、骨盤内の臓器が癒着を起こし、下腹部痛、腹部膨満感、下痢、便秘...

急性期には、下腹部全体に及ぶ持続性の痛みや膿性帯下、悪寒・震えを伴う発熱などが認められます。腹膜刺激による悪心・嘔吐も認められます。慢性期に移行すると、骨盤内の臓器が癒着を起こし、下腹部痛、腹部膨満感、下痢、便秘などがみられます。

急性期には下腹部の圧痛が認められ、腹壁の筋肉が緊張し硬く触れます(筋性防御)。内診では子宮や付属器に圧痛が認められます。血液検査では、白血球増多、CRP陽性などの急性炎症所見が認められます。腹膜炎による滲出液や膿汁がダグラス窩(子宮と直腸の間の腹膜腔)にたまり、膿瘍を形成することがあります。膿瘍の診断は、経腟超音波断層法、CT、MRIなどの画像検査によ...

骨盤腹膜炎の多くは、前述の子宮頸管炎から子宮内膜炎、子宮付属器炎、そして骨盤腹膜炎へと感染が上行性に進むことにより発症します。したがって、これら子宮頸管炎、子宮内膜炎および子宮付属器炎の原因が、骨盤腹膜炎の原因になりえます。最近では、性行為感染症であるクラミジアと淋菌感染によるものが増えています。また、子宮内避妊器具(IUD)を交換せずに長期間装着して...

関連ワード

「骨盤腹膜炎」に関するQ&A

236件

「骨盤腹膜炎」に関するQ&Aをもっと見る

「骨盤腹膜炎 クラミジア」に関するQ&A

101件

「骨盤腹膜炎 クラミジア」に関するQ&Aをもっと見る