食道神経症

13件

食道神経症とは、常に食道異和感存在感あるいは胸痛などを訴え、何か食道病気があるのではないかという不安を主な特徴とする心理状態をいいます。現在では診断技術が普及しており、ほとんど使用されない名称です。

診断のためには、まず心電図や心臓エコー検査を行って心臓疾患を否定します。次に内視鏡検査で食道を調べます。ここで胃食道逆流症による食道粘膜病変の存在が確認できます。逆流性食道炎が確認されれば、そのまま治療に入ります。通常は酸分泌抑制薬の内服が選択されます。この前段階の対応として、内視鏡検査を嫌がる患者さんが胸やけを訴えている場合には、試験的に酸分泌抑制薬...

患者さんが不安をもつ食道由来の胸部異和感胸痛を訴える症例の多くは、胃液が食道に逆流して起こる胃食道逆流症が原因です。そのほかに食道運動機能異常、食道知覚過敏、精神疾患との関連がありますが、これらが単独で存在するよりも相互関係で成り立つことが多いようです。

関連ワード

「食道神経症」に関するQ&A

13件

「食道神経症」に関するQ&Aをもっと見る

「食道神経症 ヒステリー球」に関するQ&A

8件

「食道神経症 ヒステリー球」に関するQ&Aをもっと見る