食道がん

5,203件

消化管の「がん」は、口腔・食道・・十二指腸・小腸・大腸など食物が通過する消化管内腔の粘膜面(上皮)から発生します。このうち食道がんは、下咽頭からに至る28cmくらいの長さの食道粘膜に発生するものをいいます。2007年に日本食道学会(旧日本食道疾患研究会)から、全国の食道がん治療の標準化を図るために、ガイドラインが発刊されています(金原出版)。これに...

食道がんは症状が出にくいので、食べ物が飲みにくいなどの嚥下障害が現れた段階では、進行食道がんであることが多くなります。早期の段階で診断するには、粘膜がんの状態で発見することが必要ですが、この段階ではほとんどの症例に自覚症状はみられません。粘膜がんの状態で治療されるような症例は、上部消化管内視鏡検査を含めたスクリーニング検査で発見されています。たとえば、...

食道がんは症状が出にくいので、食べ物が飲みにくいなどの嚥下障害が現れた段階では、進行食道がんであることが多くなります。早期の段階で診断するには、粘膜がんの状態で発見することが必要ですが、この段階ではほとんどの症例に自覚症状はみられません。粘膜がんの状態で治療されるような症例は、上部消化管内視鏡検査を含めたスクリーニング検査で発見されています。たとえば、...

今日では、さまざまながん遺伝子の変調が指摘されていますが、各遺伝子の関連はまだ明らかにされていません。日常生活での誘因としては、過度の飲酒歴、喫煙が指摘されています。いわゆる慢性の長期にわたる刺激因子が重要視されます。アルコール摂取との関連では、最近、アルコール代謝酵素欠損が、食道がんの原因として重要であることがわかってきました。わかりやすくいうと、ち...

関連ワード

「食道がん」に関するQ&A

5,203件

「食道がん」に関するQ&Aをもっと見る

「食道がん 胃カメラ」に関するQ&A

472件

「食道がん 胃カメラ」に関するQ&Aをもっと見る