食物アレルギー

8,601件

食べ物を経口摂取した時に、その食べ物に対するアレルギー反応により生じます。多くは食べ物を摂取して数分から1時間以内にじんま疹腹痛などの症状が出る即時型ですが、数時間以上経過してから湿疹の悪化や下痢などがみられる遅延型もあります。成人にもみられますが、消化管粘膜の未熟な小児に多くの症状がみられます。即時型では、腹痛下痢などの消化器症状やじんま疹・顔面...

即時型では、腹痛下痢などの消化器症状やじんま疹・顔面腫脹などの皮膚症状、鼻炎、結膜炎、気管支喘息症状、のどの詰まる感じ(喉頭浮腫)などが現れます。さらに重症になると血圧が低下し、アナフィラキシーショックを起こします。果物などのアレルギーでは初めに口唇のはれや口内のかゆみがみられ、口腔アレルギー症候群と呼ばれます。遅延型では食べ物によりアトピー性皮膚炎...

血液中のアレルゲン特異的免疫グロブリンE(IgE)抗体の測定や、アレルゲンを白血球に作用させて反応をみるヒスタミン遊離試験を行います。ただし、これらの結果が陽性でも、必ずしも症状の原因ではないので、値が低い場合にはその他の検査結果を合わせて総合的に判断します。食物を用いたプリックテストは即時型の判定に有用です。症状の原因になる食べ物の特定には、食物除去...

食物中のアレルゲンは消化管粘膜をとおって血液中に入り、その結果アレルゲンに反応する免疫グロブリンE(IgE)などの抗体やT細胞がつくられます。再びその食べ物を摂取することでアレルギー反応が生じ、症状が現れます。多くの食べ物が原因になりますが、そのうち頻度の高いものを表3に示します。そのほか、アレルギーではありませんが、食物中に含まれる成分(仮性アレルゲ...

関連ワード

「食物アレルギー」に関するQ&A

8,597件

「食物アレルギー」に関するQ&Aをもっと見る

「食物アレルギー 離乳食」に関するQ&A

614件

「食物アレルギー 離乳食」に関するQ&Aをもっと見る

「食物アレルギー」が多く含まれるカテゴリは?