離脱症状

5,468件

中枢神経系を抑制する作用のあるアルコール、ベンゾジアゼピン類アヘン類などで認められる身体依存の徴候です(表7)。薬物を使用し始めのころは、体内から薬物が消失していくと、急性効果が消失するだけですが、反復使用していくうちに、身体依存が形成されて、当初はなかった薬物特有の身体・精神症状が現れます。連用している薬物を完全に断った時に現れる症状を禁断症状とい...

関連ワード

「離脱症状」に関するQ&A

5,468件

「離脱症状」に関するQ&Aをもっと見る

「離脱症状 断薬」に関するQ&A

1,526件

「離脱症状 断薬」に関するQ&Aをもっと見る