離人症性障害

115件

病名からは、どのような病気であるかがわかりにくい精神障害のひとつです。WHO(世界保健機関)による診断名は離人・現実感喪失症侯群(ICD─10)です。この障害では、自分が自己の体から一体性を失って体験されるような症状が体験されます。それは、たとえば現実感がないといった抽象的な感覚から、自分自分の体から離れて自分を見ているような体験まで幅があります。一...

この障害では、現実感の喪失と呼ばれる症状が特徴的です。この症状は、しばしば一時的に、時に持続的反復的に出現します。これはたとえば、自分自身の感覚や体験が、自分から隔てられている、あるいは、よそよそしく自分自身のものではないと感じられるという自己感覚の変容であるものから、もう少し具体的に、人が大勢いる室内にいるのに周囲の人々や雰囲気が非現実的で、まるでマ...

この障害では、現実感の喪失と呼ばれる症状が特徴的です。この症状は、しばしば一時的に、時に持続的反復的に出現します。これはたとえば、自分自身の感覚や体験が、自分から隔てられている、あるいは、よそよそしく自分自身のものではないと感じられるという自己感覚の変容であるものから、もう少し具体的に、人が大勢いる室内にいるのに周囲の人々や雰囲気が非現実的で、まるでマ...

自己の認知機能の障害と考えられ、素因(人が生まれもっている性質)と環境要因によるとは推定されますが、現在まで明確な発病メカニズムは解明されていません。疲労やストレス、てんかん、脳神経疾患、薬物乱用などにより出現する場合や、不安障害、気分障害、統合失調症などの精神障害と併存して出現する場合があります。

関連ワード

「離人症性障害」に関するQ&A

115件

「離人症性障害」に関するQ&Aをもっと見る