開放隅角緑内障

87件

眼球内での房水の流れが悪いため眼圧が上昇するタイプの緑内障で、慢性的に視神経が圧迫されて、徐々に進行するのが特徴です。慢性緑内障の典型的な病型といえます。また、開放隅角緑内障は眼圧が上昇するのが特徴ですが、眼圧が正常範囲である以外は開放隅角緑内障と同じタイプの緑内障として、正常眼圧緑内障(眼圧が正常範囲の緑内障)があります。これは眼圧検査では発見できな...

眼が重い、眼が疲れやすい、肩がこるなどの症状が出ることもありますが、多くはかなり進行するまで無症状です。検診で見つかることが多い病型です。中期~末期になると視野欠損を自覚します。

開放隅角緑内障では眼圧検査で22mmHgを超えることがあること、視神経乳頭の検査で緑内障性の視神経乳頭の障害を認めること、視野検査で視野欠損を認めること、隅角検査で開放隅角であること、原因となるようなそのほかの眼や全身の病気がないことが診断基準になります。正常眼圧緑内障では眼圧は正常範囲です。この場合は、原因となるような頭蓋内の病気(脳腫瘍や脳梗塞など...

開放隅角緑内障では房水流出口である隅角は広くあいていますが、排水部分である線維柱帯が目詰まりしていて、房水が流れにくくなり眼圧が上昇するといわれています。線維柱帯が目詰まりする原因としては、コラーゲンや異常な蛋白質の蓄積、線維柱帯を構成している細胞の減少などがいわれています。正常眼圧緑内障の原因は専門家の間でも意見が分かれていますが、その人の視神経乳頭...

関連ワード

「開放隅角緑内障」に関するQ&A

87件

「開放隅角緑内障」に関するQ&Aをもっと見る

「開放隅角緑内障 緑内障」に関するQ&A

63件

「開放隅角緑内障 緑内障」に関するQ&Aをもっと見る