門脈圧亢進症

50件

門脈系統の血液の流れの異常によって生じる門脈圧が上昇した状態で、これに伴う食道・胃静脈瘤、脾腫、腹水など二次的に現れる病的症状を含む概念です。したがって、門脈圧亢進症は単一の病気を指すものではなく、いろいろな病気が含まれ、圧亢進の発生機序(仕組み)もさまざまです。門脈は腹腔内臓器(胃および腸、膵臓、脾臓および胆嚢)の毛細血管からの静脈血を集め、脾静脈、...

通常は、基礎となる病気症状が先行し、のちに脾腫による腹部膨満、脾機能亢進による血球破壊のために生じる貧血、食道静脈瘤破綻による吐血・下血などの症状が現れます。時には突然、食道・胃静脈瘤の破綻による吐血で発症します。

基礎となる病気が不明な場合には、肝機能検査、各種の画像検査(超音波検査、血管造影、CT、MRIなど)により診断を確定します。基礎となる病気が明らかになれば、いずれの病気でも食道・胃静脈瘤の有無と、その静脈瘤が破綻しやすいかどうかを診断する必要があるため、食道・胃静脈瘤についての内視鏡検査が最も重要で、早急を要します。日本門脈圧亢進症学会では、食道・胃静...

関連ワード

「門脈圧亢進症」に関するQ&A

50件

「門脈圧亢進症」に関するQ&Aをもっと見る

「門脈圧亢進症 肝硬変」に関するQ&A

28件

「門脈圧亢進症 肝硬変」に関するQ&Aをもっと見る