選択性緘黙症

31件

本症の基本的な特徴は、言語理解、発語などの言語能力は正常であるのに、一部の生活場面(たとえば学校友だちとの遊びの場面)で沈黙を続けることにあります。発症となるきっかけが明らかでないことが多く、入園や入学などにより気づくことが多いものです。一般に、発症は5歳以前が多く、有病率は1%以下で、全児童の0.2%前後といわれています。しかし、家庭では普通にしゃ...

基本的な特徴はすでに述べましたが、ここでは、治療経過などからコミュニケーション意欲の強さの程度により分類されている3つのタイプについて触れます。タイプIは、家族以外にコミュニケーションを自ら求める、神経症的不安に基づくタイプです。タイプIIは、家族以外にコミュニケーションを自ら求める意欲に乏しく、性格や人格発達の未熟性に基づくタイプです。タイプIIIは...

関連ワード

「選択性緘黙症」に関するQ&A

31件

「選択性緘黙症」に関するQ&Aをもっと見る

「選択性緘黙症 場面緘黙症」に関するQ&A

16件

「選択性緘黙症 場面緘黙症」に関するQ&Aをもっと見る