過敏性腸症候群

20,921件

腸の検査や血液検査で明らかな異常が認められないにもかかわらず、腹痛腹部の不快感を伴って、便秘や下痢が長く続く病気です。以前は過敏性大腸といわれていましたが、小腸を含めた腸全体に機能異常があることがわかってきたため、過敏性腸症候群と呼ばれるようになりました。この病気は、日本を含む先進国に多い病気です。日本人では10~15%に認められ、消化器科を受診する...

主な症状は、腹痛もしくは腹部不快感と便通異常です。腹痛は、左下腹部に最も多くみられますが、部位が一定しないものも少なくありません。腹痛の性状は、発作的に起こる疝痛(さし込むような痛み)、または持続性の鈍痛のいずれかで、便意を伴っていることが多く、排便後に一時的に軽快する傾向を示します。一般的に、食事によって症状が誘発され、睡眠中は症状がないという特徴が...

診断の第一段階は、特徴的な自覚症状のパターンから、まずこの病気を疑うことです。次に、似たような症状を示す他の病気(腸のポリープやがん、憩室、潰瘍性大腸炎、クローン病などの器質的疾患)がないことを検査で確認します。自覚症状からの診断方法として、ローマ基準という世界的に標準化された診断基準があります。次の(1)および(2)の症状が3カ月以上存在する場合に、...

過敏性腸症候群では、消化管運動異常、消化管知覚過敏、心理的異常の3つが認められます。ただ、これらの異常を引き起こす真の原因はわかっていません。一部の患者さんでは、感染性腸炎のあとに発症することが明らかになっており、何らかの免疫異常が関わっている可能性も指摘されています。ストレスは、症状を悪化させる要因となります。

関連ワード

「過敏性腸症候群」に関するQ&A

20,921件

「過敏性腸症候群」に関するQ&Aをもっと見る

「過敏性腸症候群 整腸剤」に関するQ&A

6,429件

「過敏性腸症候群 整腸剤」に関するQ&Aをもっと見る