遊走腎

216件

臥位(寝た姿勢)での腎臓の高さに比べ、立位で2椎体(約10cm)以上腎臓の位置が下垂する状態を指します。本症は内臓下垂の部分症状と考えられています(図4)。臥位・座位などによりおさまる腰痛、側腹部痛、腰背部痛を訴えることが多く、その多くは鈍痛で、立位歩行や荷重などで、症状が悪化します。血尿は、腹痛と並んで遊走腎でよくみられる症状で、通常は目に見えない顕...

臥位・座位などによりおさまる腰痛、側腹部痛、腰背部痛を訴えることが多く、その多くは鈍痛で、立位歩行や荷重などで、症状が悪化します。血尿は、腹痛と並んで遊走腎でよくみられる症状で、通常は目に見えない顕微鏡的血尿が主体です。肉眼的血尿がみられることもありますが、血尿により貧血を生じることはありません。また立位で背中を反る体位をとった時に、軽微な蛋白尿を認め...

臥位と座位における腎臓の触診と、静脈性尿路造影での臥位と座位での腎臓の位置の比較が診断の中心となります。静脈性尿路造影では、立位負荷をかけた時の腎臓の下垂の程度に加えて、腎臓の回転、捻転、偏位および腎盂・腎杯の形態変化などを観察します。遊走腎は症状がない場合はそのまま経過観察し、上記のような症状がある場合でも、原則的に保存的治療を優先すべきです。重い病...

(1)先天的要因腎臓は腎線維被膜に包まれ、その外側に腎周囲脂肪からなる脂肪被膜があり、さらに外部を腎筋膜(Gerota筋膜)という膜がおおっています。この病気は、これら腎臓を支えている周囲の組織が弱いために生じます。(2)後天的要因腹筋の弛緩、腹圧低下に加えて、腎周囲脂肪組織の低下があげられます。いずれにしても、立位では肝臓など重量に富む臓器の荷重負荷...

関連ワード

「遊走腎」に関するQ&A

216件

「遊走腎」に関するQ&Aをもっと見る

「遊走腎 血尿」に関するQ&A

66件

「遊走腎 血尿」に関するQ&Aをもっと見る