転移性肺がん

35件

他の臓器から肺に転移して病巣を作ったがんを転移性肺がんと呼びます。転移性肺がんは、肺に病巣があるというだけで、がんとしての生物学的特徴は原発性肺がんとは異なり、もともとがんが発生した臓器の特徴を受けついでいます。肺は転移が多い臓器で、肺以外で発生したがんの30~50%が肺に転移しているといわれています。肺に転移が多い理由は、肺という臓器の役割と構造に大...

転移性肺がんは通常、あまり症状がありません。サイズが大きくなったり、気管支を圧迫すると咳や呼吸困難が出ることがあります。

治療は、原発性がんの性質や薬の感受性で大きく異なります。原則としては、抗がん薬が用いられますが、原発がんに有効とされる薬を使用します。また、症状を緩和する目的で放射線治療が行われます。乳がんや前立腺がんなどの転移性肺がんでは、ホルモン療法が有効なことがあります。以下の条件が揃った場合には手術を行うことがあります。(1)原発巣のがんが治っている、(2)肺...

関連ワード