角膜異物

7件

角膜異物とは、角膜に異物が付着あるいは刺さった状態をいいます。角膜は非常に痛覚が発達しているため、異物が付着した瞬間異物感眼痛流涙(涙が流れる)などの症状が現れます。

角膜は非常に痛覚が発達しているため、異物が付着した瞬間異物感眼痛流涙(涙が流れる)などの症状が現れます。

疼痛が強い場合には、まず点眼麻酔(0.4%塩酸オキシブプロカインあるいは、2%塩酸リドカイン)を行います。そのあと静かに両眼をあけさせ、ペンライトや懐中電灯で角膜を照らします。異物は角膜の表面に小さな物体としてみられます。少し時間がたっている場合には、異物の周囲の角膜は浮腫のためやや白く見え、その近くの結膜に充血がみられます。治療としては、異物を除去し...

原因となる異物としては飛んできたゴミ、鉄粉、植物の種子などさまざまな小物体があげられます。表面に付着しただけの異物は取り除くだけで問題はありませんが、異物が角膜に刺さると感染を起こす場合があり、感染予防が大切です。また鉄粉が角膜に入ると錆が出るため除去する必要があります。角膜異物は自覚症状がはっきりしているため、診断は簡単です。眼科医に行く前に、まず洗...

関連ワード

「角膜異物」に関するQ&A

7件

「角膜異物」に関するQ&Aをもっと見る