角膜潰瘍

740件

前項の角膜びらんと異なり、角膜の表面の上皮だけでなく、その奥の実質にもにごったり、薄くなったりといった影響が出ている場合は角膜潰瘍といわれます。より重症であり、治ったあとも視力障害が残ります。場合によっては角膜穿孔といって、角膜に孔があいてしまうことがあり、失明に至るケースもまれにあります。眼のころつき、痛み(時に激痛)、白目の充血が起こり、瞳にかかる...

眼のころつき、痛み(時に激痛)、白目の充血が起こり、瞳にかかる部分に潰瘍ができると、かなり視力が低下します。涙もたくさん出ます。細菌性や真菌性の場合は、目やにがかなり多量に出ます。時に痛みを伴わないことがありますが、この時は角膜の神経が障害されており、かえって治りにくいのが特徴です。

感染が疑われた場合は、角膜の悪い部分を少し削って、そこに細菌や真菌、ヘルペスウイルスがいないかどうか検査します。角膜の知覚の低下をみる検査や、血液検査で糖尿病や自己免疫疾患がないかを確認することもあります。感染の場合は、その原因となっている微生物に対する薬剤を点眼、眼軟膏、点滴、内服、結膜下注射(白目の部分の最表面の結膜とその下の強膜の間に薬が入るよう...

外傷やいろいろな感染(ヘルペス、細菌、真菌、アメーバ)が主たる原因です。その他、自分の角膜をにごらせたり溶かしたりするような異常な免疫反応(自己免疫)によって生じる場合(蚕蝕性角膜潰瘍)、酸やアルカリが眼に入って起こる場合(角膜化学腐蝕)、糖尿病や神経系の腫瘍などで角膜の知覚神経が障害されて起こる場合もあります。蚕蝕性角膜潰瘍は必ず潰瘍になりますが、そ...

関連ワード

「角膜潰瘍」に関するQ&A

740件

「角膜潰瘍」に関するQ&Aをもっと見る

「角膜潰瘍 コンタクト」に関するQ&A

242件

「角膜潰瘍 コンタクト」に関するQ&Aをもっと見る