角膜ヘルペス

265件

単純ヘルペスウイルス(皮膚の単純疱疹や唇の「熱の花」の原因となるウイルスでもある)による角膜の感染と、それに対する免疫反応によって起こる病気です。上皮型では、充血と軽いころつき、時に痛みを訴えますが、視力の低下は軽度です。実質型では、充血とともに視界がぼやけ、視力かなり低下します。角膜ヘルペスは通常、片眼性で、再発を起こすのが大きな特徴です。角膜ヘル...

上皮型では、充血と軽いころつき、時に痛みを訴えますが、視力の低下は軽度です。実質型では、充血とともに視界がぼやけ、視力かなり低下します。角膜ヘルペスは通常、片眼性で、再発を起こすのが大きな特徴です。

細隙灯顕微鏡検査での特徴的な所見(上皮型では樹枝状角膜炎、実質型では円板状角膜炎)が診断に役立ちますが、特徴的な所見を示さない場合も多々あります。その場合は、角膜の悪い部位をこすり取ったり、涙を採取したりして、そのなかにウイルスがいないかどうかを調べます。一般には、ウイルスを分離するのはごく一部の専門の施設でないと行えないため、ウイルスのもっている蛋白...

単純ヘルペスウイルスは、角膜ヘルペスを発症する時に外から感染するのではなく、何年も前にすでに感染しています。知らない間に感染していることが多く、たとえば70~80代の人では、ほとんどが体のどこかの神経節にこのウイルスをもっています。眼の奥にあり、角膜の知覚を司っている三叉神経節にも、このウイルスが潜伏感染していることがあり、このいわば眠った状態のウイル...

関連ワード

「角膜ヘルペス」に関するQ&A

265件

「角膜ヘルペス」に関するQ&Aをもっと見る

「角膜ヘルペス」が多く含まれるカテゴリは?