褐色細胞腫

207件

副腎は、外側を取り巻く皮質と、その内側にある髄質に分かれています。褐色細胞腫は、副腎髄質あるいは脊髄に沿った交感神経節細胞にできる腫瘍です。腫瘍からはカテコールアミンというホルモンが分泌され、このホルモンの作用でさまざまな症状が現れます。大部分は良性ですが、時に悪性の場合もあります。良性か悪性かの判断は難しく、慎重に経過を追う必要があります。また、遺伝...

代表的な症状カテコールアミンが多く分泌されることによる高血圧、頭痛、発汗過多、代謝亢進、血糖の上昇です。そのほか、動悸、やせ、便秘、胸痛、視力障害などもしばしば起こります。高血圧などの症状が常にある患者さんもいますが、半数以上の人はこれらの症状発作的に現れます。発作は姿勢(腹ばいや前屈など)、食事、排便、腹部の触診など腫瘍が圧迫されるような状況で誘...

症状から褐色細胞腫が疑われれば、血液中および尿中のホルモンを測定します。発作中に血液検査ができる場合は診断に有用ですが、発作が起きていない時は、血液中のカテコールアミン濃度は正常値を示すこともあります。このため発作直後の尿中あるいは1日中ためた尿中のカテコールアミンやその関連物質を測定します。腫瘍の部位を明らかにするためには腹部の超音波やCTなども行わ...

前述のとおり、一部の患者さんに遺伝との関係が認められますが、多くは明らかな原因もなく腫瘍が発生します。

関連ワード

「褐色細胞腫 血圧」に関するQ&A

23件

「褐色細胞腫 血圧」に関するQ&Aをもっと見る