血管炎症候群

22件

血管炎を原因とした多種多様の臨床症状ないし疾患群を総称して、血管炎症候群といいます。原疾患が血管炎である場合に「原発性血管炎」といい、膠原病などの他の疾患に血管炎が合併した場合には「続発性血管炎」と呼ばれます。罹患した血管の口径の太さや抗好中球細胞質抗体(ANCA)の有無などの観点から血管炎が分類されています。血管炎の一般的な症状は、発熱、体重の減少、...

血管炎の一般的な症状は、発熱、体重の減少、関節痛・筋肉痛、倦怠感、高血圧などの全身症状です。検査所見は白血球数増加、CRP高値、赤沈亢進など非特異的炎症所見(この病気に特有ではない所見)を示します。また、さまざまな症状を示すため、感染症、悪性リンパ腫、他の膠原病などと区別が難しいこともあります。

確定診断には、画像診断(血管造影)や生検による所見が重要です。血管炎は一般的に罹患血管が支配する臓器の虚血を起こすため、腎、肺、脳、心などの重要な臓器障害を起こし、生命維持に関わる危険性があります。また、急性期を脱しても腎不全や多発性単神経炎などの後遺症を残す可能性があります。さらに、再発が多いことも知られています。このため、早期発見・早期治療が必要で...

関連ワード

「血管炎症候群」に関するQ&A

22件

「血管炎症候群」に関するQ&Aをもっと見る

「血管炎症候群 膠原病」に関するQ&A

6件

「血管炎症候群 膠原病」に関するQ&Aをもっと見る