蟯虫症

9件

小児に多い寄生虫症ですが、大人も感染します。多くの線虫感染症と違って、国内でも珍しくありません。ヒトからヒトへの感染が起こるので、家族内や保育所内などで集団で感染していることがあります。蟯虫盲腸に寄生していて、オスは2.5cmほど、メスは1cm前後で、寿命はオスが2週間、メスが2カ月程度といわれています。交尾をしたメスの体内で卵が十分に発育してくると...

寄生している虫の数が少ない時は症状のないことも多いのですが、メスが産卵のため這い回るので、肛門周囲に強いかゆみを感じます。とくに小児では、お尻をかきむしって細菌感染原因になったり、寝不足になることがあります。また、盲腸に寄生しているので、虫垂炎の原因になることもあります。

蟯虫は腸のなかでは産卵しないため、便のなかに卵は現れません。肛門周囲に産みつけられた卵を検出するには、セロハンテープ法という方法で行います。朝起きてすぐ、ふとんを出る前に肛門に粘着性のセロハンテープをつけて卵を付着させ、顕微鏡で卵を見つけます。蟯虫は毎日産卵するわけではないので、日を変えて2回、あるいは3日連続して検査します。駆虫薬(コンバントリン)の...

関連ワード

「蟯虫症」に関するQ&A

9件

「蟯虫症」に関するQ&Aをもっと見る

「蟯虫症 肛門」に関するQ&A

2件

「蟯虫症 肛門」に関するQ&Aをもっと見る