虚血性大腸炎

315件

大腸への血液の循環が悪くなり、必要な酸素や栄養分が供給されなくなるために、大腸粘膜が虚血となり炎症や潰瘍を生じる疾患です。症状として突然の腹痛下血がみられます。もともと血管に動脈硬化があるところに便秘などが誘因となって発症するといわれており、高齢者に多いのですが、便秘のひどい若い女性にも時にみられます。突然の激しい腹痛下血、下痢で発症します。典型的...

突然の激しい腹痛下血、下痢で発症します。典型的には左下腹部腹痛で、新鮮血下血がみられます。悪心、嘔吐、発熱が認められることもあります。直前に便秘をしていることが多いようです。

症状から診断を推定し、大腸内視鏡検査を行います。多くの場合S状結腸や下行結腸に発赤、出血、浮腫、縦走潰瘍(消化管の縦方向に沿ってできる細長い潰瘍)などがみられます。注腸造影検査でも母指圧痕像といわれる粘膜の浮腫による変化や縦走潰瘍が認められます。まれに上行結腸や横行結腸に病変を認める場合もあります。症状が典型的な時は容易に診断できますが、薬剤性腸炎、感...

大腸に栄養を送る血管の血流が不足すると、腸管が虚血となり、粘膜の浮腫、出血、潰瘍などが出現します。血流が減少する原因は、もともと血管に動脈硬化性の変化があるところに、便秘による腸管内圧の上昇などが加わるためと考えられています。高齢者や、糖尿病・膠原病・血管炎などを基礎疾患としてもつ場合に多くみられます。大腸は主に上腸間膜動脈と下腸間膜動脈から血液を受け...

関連ワード

「虚血性大腸炎」に関するQ&A

315件

「虚血性大腸炎」に関するQ&Aをもっと見る

「虚血性大腸炎 虚血性腸炎」に関するQ&A

25件

「虚血性大腸炎 虚血性腸炎」に関するQ&Aをもっと見る