薬疹

2,359件

薬疹とは薬剤によって引き起こされる皮膚の症状で、出現する症状はさまざまです。内服注射などによって体内に入った薬剤が、皮膚の発疹を引き起こします。アレルギー性と非アレルギー性の原因がありますが、多くの場合はアレルギーによるものです。アレルギーによる薬疹は、通常は初めて使用した薬剤では起こることはなく、1~3週間の薬剤の使用後に初めて症状が現れます。しか...

薬疹は、薬を内服注射、点鼻、点眼などにより体内に摂取したあとに現れます。発疹は薬疹のタイプによって異なりますが、じんま疹型、固定薬疹型、播種状紅斑型、紅斑丘疹型、光線過敏型、湿疹型、紫斑型、多形滲出性紅斑型などがあります。重症型として、眼や口などの粘膜に水疱(水ぶくれ)やびらんが現れるスティーブンス・ジョンソン症候群や、全身の皮膚がやけどのようにむけ...

ウイルス性疾患を除外診断する必要がある場合は、ウイルス抗体価の検査を行います。肝機能や白血球の数を調べる場合もあります。原因薬剤を検索するための貼付試験は、症状が軽快したあとに行います。薬剤をワセリンなどに混ぜて皮膚に2日間貼付し、その部分が赤く反応するかどうかをみます。光貼付試験は薬剤を皮膚に貼付し、同部に光線を照射し、その部分が赤く反応するかどうか...

関連ワード

「薬疹」に関するQ&A

2,359件

「薬疹」に関するQ&Aをもっと見る

「薬疹 抗生物質」に関するQ&A

265件

「薬疹 抗生物質」に関するQ&Aをもっと見る