薬物依存

1,990件

薬物依存を引き起こす薬物は表7に示すように、中枢神経系を興奮させたり抑制したりして、「こころ」のあり方を変える作用をもっています。これらの薬物を連用していると耐性がつき、同じ効果を求めて使用の回数や量を増やしていくうちにコントロールがきかなくなって、連続的・強迫的に使用する状態になります。この状態を薬物依存といいます。薬物依存には、薬物の連用を中断する...

薬物依存でみられる症状としては、(1)乱用時の急性中毒症状、(2)精神依存の表現である薬物探索行動と強迫的な薬物使用パターンなど、(3)身体依存の表現である各薬物に特有な離脱症状(禁断症状)、さらに薬物の慢性使用による(4)身体障害の症状と(5)精神障害の症状があります。このうち、主な薬物にみられる(1)と(3)の主要症状は、表7にまとめてあります。何...

診断は、本人・家族などからきちんと使用薬物やその使用状況、離脱症状の経過などが聴取できれば、比較的容易です。合併する肝臓障害、末梢神経障害などの身体障害や精神障害は、それぞれ専門的な診断を必要とします。静脈内注射による使用者では、とくにB型・C型肝炎、HIV感染をチェックする必要があります。中毒性精神病が発病していれば、まず精神科病院に入院して、依存対...

関連ワード

「薬物依存」に関するQ&A

1,990件

「薬物依存」に関するQ&Aをもっと見る

「薬物依存 薬物依存症」に関するQ&A

76件

「薬物依存 薬物依存症」に関するQ&Aをもっと見る