薬剤性肺炎

7件

薬剤性肺炎は大きく分けて、抗がん薬などで発症する細胞傷害性のものと免疫学的機序(アレルギー)で発症する場合とがあります。2003年現在に市販されている176品目の抗菌薬の添付文書を調べると、薬剤性肺炎に関連すると思われる薬剤肺傷害の記載が85品目(48%)に、また抗腫瘍薬では約54%にあります。薬剤性肺炎が疑われる症状のポイントは、以下のとおりです。(...

薬剤性肺炎が疑われる症状のポイントは、以下のとおりです。(1)膿性痰は一般的には少ない。最初膿性痰でも、X線写真の陰影が広がるにもかかわらず膿性痰が少なくなることがある。つまり、膿性痰の原因である最初細菌性肺炎が治り、この治療のために使った抗菌薬で薬剤性肺炎が発症してくる。(2)全身状態が細菌性肺炎に比べて比較的軽く、重篤感が少ない印象がある。(3...

現在、確実な診断法はないので、臨床経過、身体所見、画像、検査データなどから総合して診断することになります。つまり、前述した疑われるポイントを頼りに、総合的に診断します。補助診断として薬剤リンパ球刺激テスト(DLST)が行われることがあります。DLSTは生体外で、原因薬剤と本症を発症した患者さんのリンパ球とを反応させ、その度合いをみる検査で、本症の診断法...

免疫学的機序による薬剤性肺炎は、抗原抗体反応による過敏性肺炎の様相が強いものです。しかし、最近では直接免疫反応に作用するもの、アミオダロンのような脂質の代謝に影響する薬剤やINF(インターフェロン)、G‐CSFなどによるサイトカイン療法、さらに、分子標的治療薬であるゲフィチニブによる薬剤性肺障害なども報告されています。薬剤性肺炎はひとつの薬剤だけで起こ...

関連ワード

「薬剤性肺炎」に関するQ&A

7件

「薬剤性肺炎」に関するQ&Aをもっと見る