自己免疫性膵炎

44件

自己免疫の機序(仕組み)異常により膵臓が障害を受ける、すなわち体内に自身の膵臓を攻撃する因子が出現することにより、膵臓に慢性的な炎症を来す疾患です。まれな疾患であるため、以前は膵がんと区別がつかず手術されることもしばしばありました。臨床病態が明らかになってきたのはまだ最近のことです。高齢者に多く、発症年齢では60代にピークがみられます。男女比は5対1で...

膵臓が炎症により腫大するため、膵内を走行する胆管が押しつぶされて胆汁が腸に流れなくなります。このために黄疸を初発症状とする例が約6割と最も多くなっています。腹痛たいていの場合軽く、腹痛を伴わないこともあります。糖尿病の悪化や発症を契機として診断される場合もあります。また、3割程度に体重減少がみられます。

超音波検査やCTで膵臓の全体的あるいは部分的な腫大が認められた場合にこの病気を疑うことになります(図26)。膵腫大と並ぶもうひとつの大きな画像的特徴は膵内を走行する膵管の狭細変化ですが、膵管の狭細変化の確認のためにはまず非侵襲的に膵管を描出できる磁気共鳴膵胆管造影(MRCP)を行い、最終的には内視鏡的膵胆管造影(ERCP)により評価します。画像検査と並...

関連ワード

「自己免疫性膵炎」に関するQ&A

44件

「自己免疫性膵炎」に関するQ&Aをもっと見る

「自己免疫性膵炎 膵臓」に関するQ&A

10件

「自己免疫性膵炎 膵臓」に関するQ&Aをもっと見る