自家感作性皮膚炎

189件

体の一部に強い皮膚炎原発巣)が生じたあと、しばらくしてからその発疹の周囲から全身に細かい丘疹(散布疹)が現れる疾患です。じくじくした原発巣が現れて1~数週間後にその周囲や顔、体幹、四肢など全身直径1mm程度の丘疹が多発します。激しいかゆみがあり、かいたところに新たな散布疹が出てくることもあります。細かい散布疹が融合して硬貨大になったり、手のひらや足...

じくじくした原発巣が現れて1~数週間後にその周囲や顔、体幹、四肢など全身直径1mm程度の丘疹が多発します。激しいかゆみがあり、かいたところに新たな散布疹が出てくることもあります。細かい散布疹が融合して硬貨大になったり、手のひらや足の裏では大きな水ぶくれになることもあります。

全身に細かい丘疹が現れ、原発巣がなく周囲の人に同じ症状がみられる場合、虫さされや疥癬の可能性があります。とくに疥癬は伝染性が強いので皮膚科での顕微鏡検査が必要です。水痘などのウイルス感染症でも全身にかゆみのある細かい丘疹が急激に現れてきますが、発熱やかぜ症状などほかの症状の有無から見分けます。ステロイド外用薬を原発巣散布疹に塗って皮膚の炎症を和らげま...

接触皮膚炎や貨幣状皮膚炎など急性の皮膚炎が悪化すると、その病変部で活性化したリンパ球がほかの離れた部位にも皮膚炎をもたらすと考えられています。急性皮膚炎に併発した細菌感染が誘因になることもあります。

関連ワード

「自家感作性皮膚炎」に関するQ&A

189件

「自家感作性皮膚炎」に関するQ&Aをもっと見る

「自家感作性皮膚炎 皮膚科」に関するQ&A

68件

「自家感作性皮膚炎 皮膚科」に関するQ&Aをもっと見る

「自家感作性皮膚炎」が多く含まれるカテゴリは?