臍帯巻絡

53件

臍帯巻絡とは、臍帯が胎児の体の一部に巻きついている状態のことで、全分娩例の20~25%にみられます。頸部の巻絡がほとんどを占めますが、四肢、体幹に起こすこともあります。巻絡の回数は1回のことが多いのですが、2回以上の場合もあります。臍帯は、胎児にとって胎盤を介して母体から酸素や栄養をもらうための大切な命綱です。臍帯に異常が起これば、胎児低酸素によって...

出生前の診断法としては、超音波断層法が有効です。これによって臍帯巻絡の有無はかなり確実に診断できますが、超音波カラードプラー法やパワードプラー法なら100%近く診断ができ、巻絡の回数も推測できます。血流障害を引き起こすようなきつい巻絡の有無は、パルスドプラー法で臍帯静脈波動の存在を確認することにより推測できます。出生前に超音波で臍帯巻絡と診断されても、...

活発な胎動や長い臍帯が誘因になるといわれていますが、はっきりとはわかっていません。胎動が原因であることは、胎動の激しい胎児に臍帯巻絡が多い傾向があることからも推測されます。また、臍帯巻絡がある胎児の臍帯は、ない場合よりも一般的に長いのですが、それが原因なのか結果なのかはまだわかっていません。引っ張られて伸びた結果であるとする意見が多いようです。

関連ワード

「臍帯巻絡」に関するQ&A

53件

「臍帯巻絡」に関するQ&Aをもっと見る

「臍帯巻絡 へその緒」に関するQ&A

31件

「臍帯巻絡 へその緒」に関するQ&Aをもっと見る