膿疱性乾癬

21件

表面にうみ(膿疱)をもつ乾癬(尋常性乾癬)で、発熱などの症状も現れ、乾癬の重症型と考えられています。日本では約1000人の患者さんがいると推定されている、まれな病気です。1年間に50人ほどが新たに発病しています。にきびのような赤い発疹で始まり、2~3日のうちに急速に大きくなり、それとともに赤い発疹のまわりを囲むようにうみが出て、中心は茶褐色の色がついた...

にきびのような赤い発疹で始まり、2~3日のうちに急速に大きくなり、それとともに赤い発疹のまわりを囲むようにうみが出て、中心は茶褐色の色がついた状態となっていきます(図27)。発疹とともに熱が出て、全身がだるく、口のなかが荒れ、それらが併さって食欲が低下するため、低栄養となることもあります。

診断は、特徴的な発疹と経過から判断します。診断の確定のために、発疹の一部を切って顕微鏡で調べる組織検査を行います。血液検査により、炎症の程度や内臓に影響があるかどうかを診断します。細菌感染によるうみとの区別をするため細菌検査も行います。基本的には尋常性乾癬に対する治療と同じです。しかし、症状が重いため、早期から強力な治療が必要になります。したがって、内...

尋常性乾癬と同様に原因は不明です。膿疱性乾癬の患者さんのなかには扁桃炎を合併する人がおり、その扁桃を切除すると発疹がよくなるので、細菌感染と関係があると考えられていますが、まだはっきりとしてはいません。また、長い間ステロイド薬を使用してきた乾癬の患者さんが、急にステロイド薬の使用をやめることにより、つっかえ棒を外されたように発疹が出て悪化する場合がある...

関連ワード

「膿疱性乾癬」に関するQ&A

21件

「膿疱性乾癬」に関するQ&Aをもっと見る

「膿疱性乾癬 尋常性乾癬」に関するQ&A

7件

「膿疱性乾癬 尋常性乾癬」に関するQ&Aをもっと見る