腸結核

67件

結核菌が腸に侵入し、炎症を起こして潰瘍を形成する病気です。腹痛下痢発熱体重減少などがみられますが、症状があまりはっきりしない場合もあります。結核というと過去の病気と思われがちですが、決して減少しているわけではありません。抵抗力の落ちた高齢者や糖尿病、腎不全などほかの病気をもっている人に多く発症します。腹痛下痢発熱体重減少、下血などがみられま...

腹痛下痢発熱体重減少、下血などがみられますが、腸結核に特徴的な症状はありません。活動性の肺結核を伴っていれば咳、痰などの呼吸器症状も現れますが、日本では肺結核を伴わない場合が多いようです。

全消化管に発生する可能性がありますが、最も多いのは回腸、盲腸、上行結腸です。腸管に侵入した結核菌は、粘膜下に結核結節を形成し、円形・不整形潰瘍や輪状・帯状潰瘍といわれる腸管の横軸方向の潰瘍をつくります。またその周囲に、多発性の潰瘍瘢痕や特有の萎縮状粘膜、変形がみられます。大腸X線検査で特徴的な所見が得られますが、大腸内視鏡検査で病変部を観察して生検を行...

活動性の肺結核があると、結核菌を含む喀痰を飲み込み、この結核菌が腸粘膜に侵入して腸結核を生じることがあり、続発性腸結核といいます。ほかの臓器に結核性病変がなく、腸に初めて感染巣をつくる場合を、原発性腸結核といいます。感染経路からの分類では、結核菌を飲み込む管内性転移が大部分で、そのほかに他臓器から血管やリンパ管を介して結核菌が侵入する場合や、隣の臓器か...

関連ワード

「腸結核」に関するQ&A

67件

「腸結核」に関するQ&Aをもっと見る

「腸結核 肺結核」に関するQ&A

12件

「腸結核 肺結核」に関するQ&Aをもっと見る