腸炎ビブリオ食中毒

14件

日本食中毒の原因のなかで、サルモネラとともに最も発生頻度の高い食中毒のひとつです。このは、1950年、大阪府下で発生したシラス食中毒事件の時、日本で発見されました。腸炎ビブリオは汽水域(淡水が混ざる海水域)を中心に沿岸海水中に生息しています。これは、こののもつ好塩性という性質によります。自然界に生息する腸炎ビブリオの多くはヒトに病気を起こしません...

さまざまなタイプの下痢と腹痛が必ず起こります。嘔吐や発熱を伴うこともあります。ほかの食中毒に比べ、発病初期は重症になる傾向があります。

夏季の大人の食中毒患者で、海産魚介類(とくに生)をおおよそ10~30時間(潜伏期)前に食べていれば、この食中毒の疑いが濃いといえます。症状から、ほかの食中毒と区別するのは難しく、確定診断にはTCBS寒天培地など、このを分離しやすい培地でを検出します。分離されたがTDH/TRHの産生能をもっているかどうかを調べることで、病原性を有するか否かを判定...

関連ワード

「腸炎ビブリオ食中毒」に関するQ&A

14件

「腸炎ビブリオ食中毒」に関するQ&Aをもっと見る

「腸炎ビブリオ食中毒 食中毒」に関するQ&A

10件

「腸炎ビブリオ食中毒 食中毒」に関するQ&Aをもっと見る

「腸炎ビブリオ食中毒」が多く含まれるカテゴリは?

「腸炎ビブリオ食中毒」に関する知恵ノート

知恵ノートをもっと見る