腱鞘巨細胞腫

16件

手や足のによくできる良性腫瘍です。30~50代の成人によくみられます。男性よりも女性に多く発生します。手や足のを動かすすじ(腱鞘)のまわりから、巨細胞という通常の細胞よりも少し大きくみえる細胞を含む腫瘍ができることから、腱鞘巨細胞腫という名前がつけられました。実際に手術をしてみると、ほかの部分は簡単にはがれるのに腱鞘と接している部分は、腫瘍が腱鞘に...

手のや足のに徐々に大きくなる瘤ができることで、患者さんが気づくことが多いようです。痛みはあまりなく、もしあっても強い痛みになることはそれほどありません。関節の運動障害の原因となることがあります。悪性腫瘍のような急な成長を起こすことはあまりありませんが、放置しておくと大きくなり、骨や関節を壊していきます。

X線検査では瘤が塊として写ることがあります。また、骨を破壊した場合、骨が溶けている像が写ります。診断と治療にはMRIなどの詳しい画像検査が必要です。MRIでは、腫瘍と骨の関係以外に、腱鞘と腫瘍が付着している様子や、腫瘍の詳細な広がりが確認できます。ある程度は画像診断などでもこの病気であることが予想できますが、顕微鏡で腫瘍の細胞を検査することで最終的な診...

腫瘍組織を分析すると、ある種の染色体異常があるようですが、詳しい原因はよくわかっていません。

関連ワード

「腱鞘巨細胞腫」に関するQ&A

16件

「腱鞘巨細胞腫」に関するQ&Aをもっと見る