脳腫瘍

9,554件

頭蓋骨のなかにできる腫瘍です。体のほかの部位にできたがんが転移してくる転移性脳腫瘍と、脳そのものから腫瘍ができる原発性脳腫瘍に分類されます。原発性脳腫瘍は、さらに良性と悪性とに分けられます。診断は、手術で取り出した腫瘍を顕微鏡で観察して最終的に決めます。一般に悪性脳腫瘍は周囲に根を生やすように発育し、それに対し良性脳腫瘍は周囲の脳とはある境界をもって徐...

脳腫瘍の一般的な症状は、早朝に強い頭痛があることです。くも膜下出血などと異なり、突然強い頭痛に襲われることは多くありません。脳そのものは固い頭蓋骨で保護されており、この内部に脳腫瘍ができると頭蓋骨の内部で圧力が上がります。これを頭蓋内圧亢進症状と呼びます。頭蓋内圧亢進症状には、頭痛、吐き気、嘔吐、眼がぼやけるなどの症状があり、進行すると意識が低下する場...

脳神経外科医の診察を受けます。検査の方法はCTやMRIで、腫瘍の形や位置を診断します。次に治療方法を決定するため、ホルモン検査、視野検査、聴力検査、脳血管撮影、CTによる細かい骨の断層撮影、核医学検査、PET(ポジトロンエミッショントモグラフィー)などが、腫瘍の形や位置により追加検査として行われます。場合により、手術室で頭蓋骨に小さな穴を開け腫瘍組織を...

関連ワード

「脳腫瘍」に関するQ&A

9,554件

「脳腫瘍」に関するQ&Aをもっと見る

「脳腫瘍 脳神経外科」に関するQ&A

856件

「脳腫瘍 脳神経外科」に関するQ&Aをもっと見る