脳性麻痺

3,046件

子どもがおなかにいるときから生後4週までに、何らかの原因で脳が損傷を受けると、その後、体や手足が自由に動かせなくなることがあります。これが脳性麻痺で、脳障害の後遺症といえます。運動の麻痺ですが、知的障害やてんかんを伴うことがあります。麻痺が非常に軽度で生活上の障害がない人から、重度で座ることができない人までいます。首がすわる(3~4カ月ごろ)、おすわり...

首がすわる(3~4カ月ごろ)、おすわりができる(7カ月ごろ)、歩き始める(1歳ごろ)などの運動発達が遅れます。また、体や手足が硬い、手足の動きが少ない、体がそりやすいなどの異常がみられます。これらの症状は、およそ2歳ごろまでに現れます。一般的に重度なほど早期に症状が出ます。成長するにつれて、手足の筋肉が短縮したり、関節がこわばったり、大腿骨・下腿骨のね...

脳の超音波、MRI、CT検査の結果などと、手足の筋肉の緊張や運動発達の遅れなどの症状から総合的に診断します。ごく軽度の脳性麻痺では、これらの検査で異常がみつからないことがありますが、その場合は症状で診断します。麻痺のタイプには、痙直型(筋肉に力が入りやすい)、不随意型(意思とは関係なく、手足が動いてしまう)、失調型(バランスが悪く、ふらふら歩く)などが...

脳障害の原因はさまざまで、次のようなものがあります。(1)おなかにいるとき遺伝子や染色体の異常、脳の形成異常(小頭症など)、胎内感染(風疹、サイトメガロウイルスなど)、子宮内外傷など(2)出産時とその前後仮死、脳室周囲白質軟化症、頭蓋内出血、核黄疸など(3)生後1カ月まで脳炎、髄膜炎、脳血管障害、頭部外傷など

関連ワード

「脳性麻痺」に関するQ&A

3,046件

「脳性麻痺」に関するQ&Aをもっと見る

「脳性麻痺 リハビリ」に関するQ&A

134件

「脳性麻痺 リハビリ」に関するQ&Aをもっと見る