脊髄損傷

1,372件

脊髄とは、脳と体をつなぐ中枢神経のことであり、この部位の損傷を脊髄損傷といいます。主として大きな外傷を受け、脊椎が骨折脱臼を起こした際に生じます。脱臼骨折がなくても、脊柱管(脊髄の入っている部位)が狭いところに外傷が加わることで脊髄損傷が生じる場合があります。外傷以外にも、ヘルニアや腫瘍が脊髄を圧迫した際も同じような病気・症状になります。脊髄に損傷...

脊髄のどのレベル(部位)で、どの程度障害を受けたかで症状は大きく変わってきます。部位に関しては、損傷を受けた部位以下の脊髄が麻痺症状を起こすため、部位が脳に近いほど麻痺する部位は広範囲となります。程度に関しては、脳からの命令が完全に伝わらなくなって動きがなくなる完全型から、損傷部位に一部機能が残存している不完全型(少し筋力が弱くなるなど)があります。...

上肢・体幹・下肢の知覚障害や筋力麻痺の範囲や腱反射の異常から、脊髄障害が起こっているレベルとその程度を調べます。骨の傷害や脱臼がある場合は、単純X線検査やCT検査で障害部位の診断が可能です。脊髄に対する圧迫の程度をみるためにはMRI検査が適しています。脊髄や神経は、骨や皮膚とは異なり再生能力の乏しい組織であり、完全に損傷された場合には再び機能を取り戻し...

交通事故や高所からの転落事故などの高エネルギー外傷が原因の大半を占めます。若年層では、ダイビングやラグビー中のスポーツ外傷、高年齢層では転倒による頻度が多くなっています。

関連ワード

「脊髄損傷」に関するQ&A

1,372件

「脊髄損傷」に関するQ&Aをもっと見る